効果的なランディングページ作成

ホームページにおけるランディングページとは文字通りに着地するページって事になりますが、主として使われるのは例えばキャンペーンを行いまして、他のサイトに出した広告用のバナーをクリックして最初に出てくる自社内のページのことです。

でねよく遭遇するのですけどこんなランディングページだったら作らないでトップページにリンクした方が良いのではないかと思う事に結構遭遇するので少し具体的に書いてみようと思います。

例えばですねどこかのポータルサイトのトップページに派手なバナー広告が出ていまして、抽選で100万円が当たる!なんてものを発見して思わずクリックしてしまったと致しましょうか?

で困るのが間違ったランディングページでいきなり申し込み画面に直通状態で、氏名や住所に電話番号にメールアドレスなど個人情報を入力して応募する画面が現れるので有りまして、まぁマーケティング会社が調査してこのほうが申し込み率が高いと判断したのでしょうけど、キャンペーンについて何の説明も無くて、いきなり申し込み画面が出てきて入力を迫られても大部分の人は他に移動するか、応募するのは単に商品目当てな人だけなのでは無いでしょうかね?

私が思うに効果的なランディングページとは仮に何かの申し込みや注文を目的とするならば、かなり縦長なページ構成になってしまう場合が有りますが一枚で完結するページだと思っています。

例えばさっきの例ですと他のサイトでのバナー広告が抽選で100万円が当たる!でしたら、クリックしてたどり着いたページでは、上からキャンペーンの説明が有って上から下にマウスでスクロールしながら見ていきますと最後のページの一番下に申し込みフォームが設置されている状態ではないでしょうかね?

つまり効果的なランディングページは極力1ページで伝えたいことを来場者に過不足無く伝えて目的を達成する事では無いでしょうか?

それともしキャンペーン期間が数週間に及ぶような場合でしたら、例えば最初からランディングページは3種類用意して置いて、最初は1日毎に入れ替えてみましてどのタイプのランディングページが一番目的を達成出来るかを計測致しまして、残りのキャンペーン期間を一番効果が高かったページを利用するのも良い方法でしょうね?

兎に角、出来るだけ多くの人に申し込んで欲しいとか応募して欲しい気持ちは充分に理解できるので有りますが、個人的には愚の骨頂ではないかと感じるのです。