ホームページのリース商法

私自身、(最近は開店休業状態で新規作成を全てお断りしていますが)ホームページ作成業者の隅っこに位置していますが、中小企業にホームページ公開のブームが出てきた頃から、ホームページを高額なリース契約によって販売する、ホームページリース商法とも呼べる営業で批判をが頻繁に出ていますが、今回はそんな事について思いつくまま書いて見ようと思います。

まず一番に思うのはホームページはリース契約が一応出来ますが、リースには全く馴染まない商品でありまして、そもそも全額が宣伝広告費(製作料金)、や通信費(プロバイダ料金)で計上できる代物ですから固定資産として計上すべき物ではなく、リース契約のメリットは一切、生かせませんし日進月歩で進むインターネットの世界ですから、数年後にどうなっているのか誰にも分かりませんし、今あるIT関連の有名企業だって存在して居るかどうか分からない世界ですからね。

それとホームページをリース契約で販売する業者の中には、儲るとかアクセスがどんどん上がって新規顧客開拓に成功するとか、売上が向上するとか、あたかも自社のリース契約によるホームページを公開すれば、ホームページがどんどん新規顧客開拓を行ってくれるかの如く、営業をしている所が多く見受けられますが、そもそもそんなにホームページで儲るのでしたら、わざわざ他人のホームページを作成して儲けさせて上げなくても、自分の持っているホームページで儲るノウハウを使って、自分のホームページで勝手に儲ければ良いのですよね。

まあ個人的に思うのは、向こうから電話とかFAXで売り込みをしてくるホームページ製作業者は中にはろくでもない業者が混ざっていますから、よくよく考えて話を進めたほうが良いと思いますし、そう簡単にはうまい話は転がっていないって肝に銘じたほうがよいでしょうね。

まあ個人的に思うのは最近は多くの中小企業でホームページを航海しているわけですから、新たにホームページを公開しようとか、現在公開中のホームページを別の業者を使ってリニューアルしようと考えましたら、先ずは知り合いの会社とか、取引先とか古くからの出入りの業者でホームページを公開している所に、業者の評判ですとかかかった費用ですとか、聞いてみて良ければ紹介して貰うってのが一番良いのでは無いでしょうかね?

追伸
最近はホームページ作成用のソフトも使いやすく機能も向上していますし、ブログなどCMSを使ったホームページなどは安価に誰でも開設できますので、無茶苦茶費用をかけなくても公開は出来ますよね。