借りた者勝ちの企業融資?

今回のコラムは企業としての借金、つまり普通の表現では資金の融資って事について書こうと思いますけど、これが企業規模によって借金(融資)のリスクとか考え方がすごく違うような気がしますねってのが今回のコラムのテーマになります。

まず私の経営するような零細企業から、中小企業レベルまでの場合ですと、基本的に企業として銀行からお金を借りるとか、市中の商工ファンドのような所から資金を調達する場合でも、形としては企業が融資を受けた事になりますが、実際の所は経営者が全額個人的に債務保証を致しますので、実際の所は社長個人で借金しているのと変わりませんから、会社が破綻したり倒産してしまった場合は、事前に資産隠しでもしておかない限りは、裸一貫無一文で呆然と立ち尽くすって事になってしまうわけですよね。

さて、今回は私の経営するような零細企業の話題じゃなくて、一応は名前の通った大企業の融資関連の話を書こうと考えて居るのですが、基本的に零細企業がお金を借りるのと違いまして、大企業が経営者の個人保証を入れる事はなく、人格のない企業が借りたって事になります。

でね、企業が銀行などから多額の融資を受けて最終的に倒産してしまうって事は珍しくも何とも無く、むしろ多額の融資を受けているって事は破綻する可能性が高いとも言えるのでしょうけど、結構そーゆー破綻するような企業の経営陣が不相応の多額の役員報酬を受け取ってたり、業績に対して株主に対する配当が大過ぎたりとまぁ時に企業の資産や現金を個人に移そうとしているとしか思えないような行為が破綻(倒産)してから発覚する事がありますけど、私が思うに発覚するのはむしろ少数派で、倒産しちゃうと帳簿とか関係書類が事務所の閉鎖とともに廃棄されてしまったり、経理担当者など関係者が散り散りになってしまったりと、結局は最終的にうやむやになってしまうのではないかなって想像しています。

まぁうやむやにならない場合でも、破綻する前の役員報酬について、業績の状態と役員報酬の関係を明確に規定したものは無いと思いますし、急激な業績悪化の場合ですと年度の途中で役員報酬を変更する事は出来ないはずですので、やっぱり大企業は金を借りられるのでしたら、借りてしまって報酬をしっかり手にして倒産に備えるって考えになってしまうのでは無いでしょうかね?

ただまぁ計画倒産と言えないまでも、倒産した企業の役員が最後まで高額な報酬を手にしていたって事を報道等で知る度に、モラルハザードが進むなって感じるので有りますね。