ガン治療が高額な理由

またまた訳のわからない規制緩和とやらの産物として自由診療の一部解禁なる話が降って湧いてきたわけですけど、今回のコラムではこの話題について書いてみたいと思います。

まず分からないのは何故?ガン治療は世間一般のイメージで高額の治療費がかかるとの話が定着していまして、実際に生活を圧迫するほどの治療費が発生して破産するのか命を取るのか究極の選択になってしまう場合も少なくないわけですけど、なぜ数ある治療の中でガン治療が高額になるのか誰もが納得する理由を聞いたこと有りますか?

なにせ日本人の病気での死亡原因のトップが癌なのありますけど、つまりそれだけの需要があって実に多くの患者さんが存在していて、一般の資本主義経済の原理原則に照らし合わせて考えれば需要が沢山あって、供給も増えれば当然の事ながら価格は下がってしかるべきな訳ですが、なぜかその原理は一切働かず高額なままなのであります。

一般に理由として言われているのが新薬の開発に莫大な費用がかかるだとか、最新の医療機器を導入しないと最新医療を提供出来ないので設備投資がかかるためとか、もっともらしい理由が言われていますけど他の診療と比べてどうなの?って話を聞いたことが無いのですよ。

うがった見方を致しますとガン治療ってのは基本的に命を左右する問題ですから、少々高額でも自分の命に代えられないからって理由で高額請求がまかり通ってしまうとか、更に保険業界にとってはガン保険が非常に大きな収益の柱になっていて、これが歯科治療まではいかないまでも盲腸の手術レベルになってしまったり、抗がん剤の価格が下がってしまったらガン保険に入る人がいなくなってしまうので、こっちの業界にとっても困るなんて、あくまで私の悪意を持った推測ですけど、そんな想像まで働いてしまうのですよ。

他にも最新の癌治療とか抗がん剤の類はおもにアメリカからの輸入品が主流になっていて、こいつが相手の言い値で買っているのかバカ高いとかいう話も聞きますけどね。

で最初の話題に戻りますけどまず自由診療の一部が解禁になって保険適用の治療と自由診療を混ぜた混合診療を認める方向ってのは、誰もが分る国家の社会保険関連支出の削減と、民間の利益関係の話なんですけど方向性は国民のためになっていないですよね。

やるんだったら国を挙げて癌治療の研究開発に取り組むべきで、そんな事をやって海外の製薬会社が困ろうとそれはよその国が考える事で、癌治療にかかる治療費を大きく下げれば、国全体の医療費が減少して社会保険関連の支出が減って財政的にも改善していくのではないでしょうかね?
そりゃね国が民業を圧迫しちゃだめだとかいう議論も出てきますけど、国民の生命を守るべき事柄は積極的に国家がかかわっていかなくてはだめなんですよ。