倒産と経営者の公的救済制度と共済制度

アベノミクスが一応の成果を出しているようですけど、第一第二の矢までは評価できますけど、どうも第三の矢である成長戦略が怪しいと言うべきか、デフレ促進政策にしか思えませんので先行きは不透明であると思っています。

経済を活性化させるって事は世の中にお金をもっと流通つまりお金を隅々まで回していく必要があるわけですけど、そのために必要なのは別に医薬品のインターネット解禁で薬局店を淘汰させて、楽天市場を一人勝ちさせる事では決してないわけですね。

まぁそもそも別にネット販売を解禁しても総需要量が増えるわけじゃ無いわけですから、経済成長するわきゃないんですけど安倍首相はいったい誰に操られているんでしょうかね?

で経済成長に必要なのは儲かっている企業や個人資産家がお金を使うように仕向ければ良いわけですけど、最終的には日本を穏やかなインフレ状態にしてしまえばお金を持っていても年々価値が下がるので自然と投資や消費に回るのですけど、その呼び水になる政策が必要ではないでしょうかね?

一応、安倍政権のほうでも設備投資減税を行って企業が設備投資しやすくする至極まっとうな政策を推進する方向で動いているようですけど、ここはひとつ即効性のある接待交際費減税も大々的に打ち出してほしいものです。

誤解をしないでほしいのですけど、中小零細企業の経営者の全てとは言いませんけど、やっぱ中小企業の社長の中には起業して社長になったのは社会貢献の為?えっ何それ、やっぱ接待交際費とか会社の金を使ってきれいなおねーちゃんの居る店に毎晩通うのが最終目的だって心に秘めているシャチョーサンも結構多いのではないでしょうかね?

もちろんそんな事は中小零細企業に限った事じゃなくて大企業の経営者とか下っ端管理職に至るまで、会社の金を使って接待交際しちゃうのはみんな大好きなんですから、企業内に利益をため込んで税金に持っていかれるよりも、ぱーっと夜の街に使っちゃいましょうって方向がよろしいのではないでしょうか?

そしたら当然ながら飲食業がまず儲かって、次にそこの店の納入業者のお酒屋さんとか肉屋さんとか八百屋さんも儲かって、それから厨房設備業界にも仕事が回り出しますし、さらにその先の酒造メーカーとか畜産業者とか農家だとか、実に幅広い日本国民にお金が回ってきまして景気が良くなるわけですね。

もちろん儲かった人の中には、いっちょ新車でも買いましょうかとか旅行に行きましょうだとか家を新築しましょうとか、景気が回復しちゃうのでありまして、その第一歩がといっても第一歩は色々ありますけど、接待交際費減税で安易にお金を使う人を増やすべきじゃないでしょうかね?

とにかく少なくとも医薬品のネット販売解禁なんて言う寝ぼけた事をやっている暇は無いと思いますよ。