面接で面接官のチェック項目

人を品定めするってのは勿論される側も気分が良いものでは有りませんが、会社が人を雇い入れるって事は大きなリスクも有るのでして、採用担当者(面接官)は言い方は悪いですが業務として面接に来た相手を品定めしてしまうのは仕方が無いことでありますが、今回のコラムでは過去に行った採用面接時のチェックしたポイントなどを書いてみようと思います。

まず私と一緒に面接官を行った女性社員の事から書こうと思いますが、面接をしながら後で忘れないために印象残ったことですとか気になった事などをメモしておいて、あとでお互い(面接官同士)に交換するような事をやっていたのですが、その女性だけなのかもしれませんが結構私が気にしないような事をメモしていましたね。

思い浮かんだままに当時の面接時にメモした相手の事を書いてみますと、服装がだらしない・ハキハキしている・声が小さくてよく聞き取れない・オーデコロンの臭いがきつい・真面目そう・履いていたズボンが汚れていた等々私が全く気にしないような事も結構含まれていたのでありまして、採用者が決定した後に勿論素早くシュレッダーにかけて廃棄しましたけど、結構第一印象とか見た目の印象を採用の重要項目に考える人は多いと思ってください。

独断と偏見で書いてしまいますと経営者は能力重視で入社したらどのくらい会社に対して貢献してくれるかを一番に考えますが、女子社員に限らず特に内勤職の人が採用面接を行った場合には、もし採用が決まって入社することになったら同じフロアで一緒の仕事をすることになって、平日は毎日顔をあわせることになりますので、やっぱりそのあたりも考えまして第一印象とか服装とか感じた性格を第一優先項目にしてしまうような気が致します。

まぁ何と言いますか仕事が出来て会社に貢献してくれそうな相手でも性格的に合いそうも無かったり、どうも第一印象が気に入らなければさっさと落としましょうって感じでしょうかね?

ですから採用面接を受ける方は自分の仕事上のPRもしっかりしつつ、わたしと一緒に働いたら気持ちよく働けますよってアピールもかなり重要なアピールポイントだと思います。

もちろんそっち方面ばかりに気を取られてしまいまして肝心の業務遂行能力ですとか業務履歴のアピールが疎かになってしまいましてもやっぱり不採用になってしまいますから、それはそれでちゃんと準備して採用面接に望まなければいけないのですけどね。

ではご健闘をお祈り申し上げます。