フランチャイズ商法

海外の場合は知りませんが、どうも日本のフランチャイズ本部には問題のある処が多く、フランチャイズ本部に対する訴訟も全国の裁判所で起こっているようですが、今回は日本のフランチャイズ商法について考えてみたいと思います。

先ずフランチャイズシステムそのものに問題があると言うよりも、安易な考えでフランチャイズ本部を立ち上げて、オーナーを募集したり、根拠のない売り上げ予測や収益シュミレーションを提示したり、単に加盟金や機材を購入させる事を目的としたフランチャイズ本部が実に多いって事ではないでしょうか?

しかも中には最初から加盟店が儲かるわけ無い状態なのを知っていて加盟店募集を始める本部まで存在するようですから、これからどこかのフランチャイズに加盟して独立開業を考えている人は十分な注意が必要ですね。

まあ、フランチャイズ本部の収益構造ってのは、加盟店から何らかの形で吸い上げる必要が有るわけですが、その吸い上げ方をチェックして一方的にフランチャイズ本部が損をしない構造になっていないかどうかを、考える必要が有るでしょうね?

まず加盟金の類ですが、はっきりって名もない立ち上げたばかりのフランチャイズ本部が加盟金を徴収するなんてのは、私から見ればちゃんちゃらおかしい話ですし、不当に高い加盟金を徴収するフランチャイズ本部は避けた方が無難ですし、中には預かり金と称して加盟時に一定金額を徴収しますが、脱退時に返却を約束する場合も有りますが、これも規約などを良く確認しませんと、フランチャイズ本部から脱退する事が難しい場合も多く、実際にはなんだかんだと難癖をつけられて結局は加盟時に支払ったお金が戻ってこない場合も有りますので、こちらも十分な注意が必要ですし、少しでも怪しいと思ったら、加盟しないのが賢明でしょうね?

他にも高額な機材の購入をさせるってのも有りまして、軽自動車ですとかDPEの機械ですとか印鑑の彫刻マシンですとか、とにかく開業して営業を行うには必要な機材である場合なのは分かりますが、どうも本部で不当に利益を乗せすぎてしまって、必要以上に高額になってしまう場合が多々ありますので、斡旋価格にも注意を払う必要が有るでしょうね?

かなりフランチャイズ商法について辛辣な事ばかり書きましたが、なにせ今の日本では過半数のフランチャイズ本部が、加盟店に利益をもたらせる能力も機能も無い状態で、場合によっては加盟店の新規加入時に受け取ります加盟金で自転車操業しているところも存在しているからです。

勿論中にはしっかりした運営ノウハウを持っていて、本部と加盟店が共存共栄できている成功したフランチャイズチェーンも多数存在致しますが、全体から見れば一握りだって処だと思います。