フランチャイズと上納金

実際にフランチャイズ本部において上納金といったものが存在する事はないのですが、加盟店の中には毎月納めるロイヤリティの事を上納金と呼んでいる場合が多いと聞きますが、フランチャイズによっては上納金って呼び方の法がしっくりする気がするのですから不思議ですね。

さてこのロイヤリティ(上納金)ですが加盟店が名称や商標を使わせて貰う事や、経営指導などに対して一定金額や売上額に応じた金額を上納する仕組みになっていまして、多くの場合たとえ赤字であってもロイヤリティ(上納金)は借りてでも支払いませんと、中には契約違反だと称して違約金を請求してくるフランチャイズ本部も有るそうですから、中々やっかいなものなのでありますね。

私が思うには加盟店がフランチャイズ本部の指導をしっかり守って運営していれば収益モデル予想通りに売り上げが上がって利益が出てきて、収益モデル通りにロイヤリティ(上納金)を支払えば全く問題なく丸く収まるので有りますが、加盟前にオーナー希望者に見せていた夢のようなバラ色の収益モデルが実現されなくてもロイヤリティ(上納金)だけはしっかりと徴収するところに大きな問題が有ると思いますね。

勿論、フランチャイズ本部だって加盟店からの利益を吸い上げて運営経費を出す必要が有りますし、利益が出ないのを100%フランチャイズ本部の責任にする事は出来ないは十分承知していますが、何のための市場調査や収益予想なのかははっきりする必要が有るのではないでしょうか?

まあフランチャイズ本部の中で少なくない割合で、最初から加盟店と共存共栄など考えていなくて、加盟金をしっかり集めて後は出来の良い加盟店からのロイヤリティ(上納金)を吸い上げて利益を上げていこうと思っているフランチャイズ本部が多いのが現状でしょうから今更、取り上げてもそーゆーものであるって事になりますでしょうね。

これは盛んに言われている事ではありますが、ロイヤリティ(上納金)に限らず、加盟店オーナーがフランチャイズオーナーと交わす契約書の中身が一方的にオーナーが不利になる内容で、契約内容を変更する事が出来ないのが問題なのでしょうね?

個人的には収益モデルや収益予測に対してちゃんとフランチャイズ本部に責任を持たせて、結果に見合ったロイヤリティ(上納金)制度にしませんと、オーナーを食い物にするフランチャイズ本部の出現は無くならないのでは無いでしょうか?

勿論、中にはロイヤリティに見合ったものを加盟店に提供して共存共栄を実現しているフランチャイズ本部も有りますけどね。