偽りのブランドと買取

どうも思うに日本ってのはブランドを作り出す力が弱いのと、その裏返しなのかブランド信仰みたいなところが強くて、別に販売価格とそのものそのものが持つ価値が不釣合な金額でもブランド物って事でありがたがって大枚はたいてしまうようなところが有るようでして、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

で本当に品質が良くていつの間にかブランド名が浸透して確立した商品であれば、ブランド名を商品購入の要素の一つにするってのも決して間違ったことではないと思いますが、本来はブランド名なんぞ一切見ないで、鞄やバックであれば使っている素材だとか作り込みの状態だとかデザインで判断すれば良いと思いますし、時計にしてもブランド名を見るよりもデザインとか機能性をまず見て値段と内容を比べて判断するのが正しい消費者のような気が致します。

ただし、後々になってお金に困って質屋さんの質草に商品を持ち込むときとか、ブランド品の買取専門店に商品を持ち込んで換金する場合でしたら、やっぱり誰もが知っているブランド品の方が換金性が高いのでありますが、それでもまぁ聞くところによりますとブランド品の買取専門店でも、驚くほど安い金額でしか買取してくれないようですし、新品同様じゃない使い古した商品でしたらほとんど値段は付かないってのが実情のようですけどね。

で思うのですがブランド品ってやつも精巧に模倣されて簡単は見分けがつかないような偽ブランドが市場に出てきてしまうって事でしたら、そのブランド品の原価ってのはたかが知れているのでありまして、思うにブランド品と同等以上の品質の商品を作ろうとしたら、相当のコストが掛かってしまって正規のブランド品くらいの販売量が見込めないようであればコスト割れしてしまうくらいの商品を世に出して始めてブランド品って事が言えるような気が致します。

ただまぁ偽ブランド品には日本の工業製品なんかもずいぶんと苦しめられているのが現状なのですから、取締の方は徹底してやって欲しいですよね。

追伸
まぁブランド品目が無くてなまじっかお金を持っているような人は、せいぜい高いブランド品に散財していただいて景気刺激とか消費税の増収に貢献してもらえば良いのかなって思いますし、たまには安物買いの銭失いならぬ、ブランド買いの銭失いってのがあっても良いような気が致しますね。

私としては物の本質を見極める眼力を高めたいと思っていますが、これが中か難しい話なのですよね。