CDの寿命

確かMOディスクが出た時も、CDが出た時も記憶媒体として寿命は半永久的って触れ込みだったような気が致しますけど、何時の間にかその触れ込みを目にする事も無くなりまして、特にCD(コンパクトディスク)の寿命は短いなと感じる場合が多いのですよね。

例えば音楽CDが古くなって音飛びするくらいならまぁ許せるとは言いませんけど、諦めもつく場合が多いんですが、仕事上の大切なデーターをCDに保存して一安心して、HDD(ハードディスクドライブ
内のデータを消去致しまして、何年か経ってから必要になってデーターを読み出して使おうとしたら、データエラーで使えなかったなんて事に遭遇しますととても悲しい事になってしまうのですよね。

まぁパソコンとかIT業界は生まれた時からこの業界はドッグイヤーとかキャットイヤーだとか言われまして、時の経つのと技術革新が他の業界よりもうんと早くて、新しい技術も10年も経過してしまうと、一昔も二昔も前の技術になってしまうって話でしたから、半永久的って寿命もIT業界における半永久的って時間的長さは10年くらいの事を指していたのかもしれないですけどね。

そしてCDの寿命にちなみまして確か昔聞いた話を書こうと思いますけど、CDの保存ってのは考えられて居るよりずっとデリケートで、高温多湿の場所ですと内部の腐食が始まるそうですし、どーゆー根拠なのか知らないですけど、立てておくよりも平らな状態で保存しておいたほうが良いって事でした。

※記憶違いかもしれないので補足しておきますけど、CDは立てて保管するよりも平らな状態のほうが良いって話はもしかしたら、昔聞いた本(書籍)の保存方法の取り違いかもしれないです。

しかしそうなってきますと、パソコンデータのバックアップってのも難しい問題が出てくるので有りまして、CDに焼いただけでは全然安心できなくて、バックアップ用のHDDを一台購入して二重のバックアップ体制をとっておくとか致しませんと、いざというときに読み込みエラーの画面の前で呆然と立ち尽くす事になるのですよね。

追伸
インターネットの回線速度が現在の10倍くらいになれば、ネット上のデータ保存サービス(ストレージサービス)が結構普及するのでは無いでしょうかね?

メディアを差し込んで焼き付けたり、HDDを余分に接続したりする手間ですとか、CDなどの保管場所の問題を考えますと、転送速度さえ改善できればWeb上のデータ保存が最強だと思うのですけどね。