レジストリクリーナーとは

余計なソフトはインストールしないように心がけて必要に応じてインストールしたソフトも定期的に削除して、ついでにmsconfigを実行して余計なスタートアップ項目が勝手に追加されていないかチェックしていてもパソコンってのはメーカーの方でも買い換えて貰うためにかどうかは不明ですけど、とにかく徐々に遅くなってくるのでありましてパソコンの場合は機械的に動きが渋くなって動作や起動が遅くなるって事は稀でしょうから、どう考えてもハードディスク上ですとかメモリーの中に生息して動いているソフトウエアがCPUなどに負担を与えて動作を遅くしているに違いないのですよね。

で最近レジストリクリーナーってやつが気になっていまして使う前にこのコラムに書いておこうって事でキーボードをたたき出しました。

されレジストリークリーナーとはパソコンの動作における基本的な設定を記録して有る場所で、拡張子がxlsだったらエクセルに関係するファイルだとかそーゆー基本的な動作を左右する情報が書かれているのですが、そこが余計な記述が増えてきますと確認するのに時間がかかってパソコンの動作が遅くなるので、不要な記述を削除しちゃいましょうってのがレジストリクリーナーの行うことです。

でデフラグもやって余計なソフトは全てパソコンから削除してmsconfigも問題なくてそれでも動作が遅いのでいよいよレジストリクリーナーの出番かなとも思っていますが、どうも失敗するとパソコンが起動しなくなったり動産が不安定になったりするらしいので二の足を踏んでしまうんですよね。

まぁレジストリクリーナーじたいは結構あちこちで無料ダウンロードする事ができるのですけど、逆に無料ダウンロードだから結果は自己責任って事でどうも使うのを躊躇しちゃうんですよね。

結局さんざん迷った末に、全てのデータをバックアップしてハードディスクをフォーマットしてクリーンインストールしちゃった方が確実だろうって結論に達したのでありますが、それをやるには丸一日を潰さないと到底できないので決行日をいつにしようか新たに思案中なのです。

追伸
私はウインドウズXPマシンを使っているのでありますがどうやらマクロソフトはウインドウズビスタを無かった事にしてウインドウズ7への切り替えを進めたいみたいに感じますけど、まったくもう今のXPマシンで十分だから遅くなった動作だけなんとかなれば良いよって思っているユーザーがとっても多いのでは無いでしょうかね?