太陽熱温水器

最近、太陽熱温水器のテレビコマーシャル目にしましたか? すっかり太陽光発電に押されてしまって、元祖?太陽光利用のエコロージー商品、太陽熱温水器が 影を潜めたような気がします。

太陽熱温水器の場合、ペットボトルと黒いビニールで自作出来る様ですが、太陽光発電の場合は自作が出来ない、太陽熱温 水器の場合は昼間作った温水を夜利用できるが、太陽光発電が昼間作った電気は昼間利用できない、太陽熱温水器は太陽光発電に比べて初期費用が安く、既存の ガス湯沸し気と併用して使える、等々の太陽熱温水器ですが何故か、コマーシャルも全然やらなくなってしまいましたね?

”天気力エネルギーじゃけん”ってやってたのはいつの頃でしょうかね?

実は私の自宅の屋根には太陽熱温水器がついていまして、夏場はほとんどガスを使わなくてもお湯は間に合ってしまいますし、ガス代も随分節約 できています、しかし更に太陽光発電ユニットを屋根につけようと思っても、スペース的に無理で、どうしても太陽光発電ユニットを取りつけるには、今ついて いる太陽熱温水器を取り払わなくてはいけないのですよ。

折角、太陽熱温水器が元気に稼動しているわけですから、取っ払って廃棄する気は全然ありませんが。

同じような方、全国にいらっしゃるのではないでしょうかね? いち早くエコロジーに目覚めたんだか、光熱費を節約しようと思ったのかは人そ れぞれだと思いますが、太陽熱温水器が屋根の半分、南側を占領しちゃっているお宅がね。

地熱発電とか、熱から電気を取り出す研究やら、技術は進んでいるかどうかは不明ですが、太陽熱温水器を取りつけているお宅も多いわけで、太 陽熱温水器の温水の熱から電気を取り出せないかなんて考えているのは私だけでしょうか?

追伸

太陽熱温水と太陽熱発電と両方を設置すれば電気もお湯も両方、太陽の力で賄う事が出来るのですが、日本の住宅事情では無理な場合が 多いですし、かなりの重量が屋根に乗っかる形になりますので、住宅が耐えられるかどうかも心配ですね。

だって日本の住宅におきまして、屋根にかかる重量に対しての対重量の基準ってのは無いような気がしますからね。

しかし世界的なエネルギー不足やエコロジーに対する意識の高まりから、もう少し太陽熱温水器も盛り上がっても良いような気が致しま すが、普及もすっかり止まってしまった気が致しますね。