太陽電池

確か私が生まれて初めて太陽電(当時はソーラーバッテリーなんて呼び方だったような記憶が有りますけど)が組み込まれた製品に遭遇したのは、時計と電卓だったと思いますが当時はその程度の電力しか賄えなかったものがいつの間にか家屋の屋根に設置した太陽光発電が家庭の電力を賄うようになってきたのですから、大変な技術の進歩だと思いますよね。

さて太陽電池とは別に太陽を内蔵しているわけでもなく蓄電池にソーラーパネルが一体化された電池なので有りまして、最近では街路灯の一部にも利用されるようになってきましたし、確か太陽電池内臓の携帯も発売されていましたね。

さて家庭内で電気を消費する家電製品の多くは直流でそれほど高い電圧を必要としませんから、積極的に太陽電池を利用する方向に向かって行けば良いと思うのですけど、各社が勝手な規格で製品を出してくるよりも例えば出力の電圧ですとかプラグの形状なんかを統一した規格ができていれば普及に弾みが付くと思うのですよね?

例えば出力は10ボルトでプラグの形状はUSBにするとか統一してしまえばたぶん量産されて販売価格も安くなるでしょうし、利用できる家電製品を作るメーカーの方もそれに対応してくるでしょうからね?

そうしたら晴れて天気がいい日は洗濯物と一緒に太陽電池を日の光に当たる場所に並べて置くなんてことが普通の光景になるかもしれないですよね?

でね最近は携帯型のプレーヤーですとか情報機器が随分と増えて参りまして、充電式のものも多いのですが乾電池を使うものも多くてたぶん日本全体で乾電池の消費量は大量になると思いますし使い終わった乾電池を廃棄されているのですから、そのあたりを太陽電池でまかなえればエコに繋がるのでは無いでしょうかね?

※一応、充電式のニッカド電池が発売されていてこれは繰り返し充電して使えるわけですけど、どうも電圧が普通の電池は1.5ボルトでニッカド電池は1.2ボルトと二割ほど低いので使うのをためらっているのです。

どうも家屋の屋根に乗せて使う太陽光発電装置の方は政府からの補助金などもありまして一生懸命普及させようとしているのがわかるのですけど、持ち家の方を限定してしまう太陽光発電とかオール電化住宅なんかよりも、もっと身近で誰でも使うことが出来る太陽電池のほうを規格統一などで普及させてしまったほうが手っ取り早く太陽光のすごさを知らしめて、エコに繋がるのでは無いでしょうかね?