風鈴と扇子

地球温暖化が叫ばれていますが、果たして今年の夏は猛暑でしょうか、冷夏でしょうか?
電化製品が普及した日本ですから、暑ければエアコンをつけるとか扇風機を回すことになるのですが、当然エアコンも扇風機も電気を消費するわけで、電気を作るには多くは化石燃料を燃やして電気を作りますから、さらに地球温暖化を進めてしまうわけですね。

日本の夏は高温多湿の夏でありまして、そんな風土からさまざまな形で涼をとる方法が考え出されていまして、風鈴、扇子・うちわ、すだれ、怪談話、打ち水などで涼を取ってきたわけです。

そのなかでも風鈴はいかにも日本的な情緒があって良い感じだと思いますね、団地などでは風鈴で音を鳴らすと隣近所からウルサイと騒音問題、生活騒音で文句がくる時代になってしまいましたが、まだまだ頑張って欲しいものです。

風鈴の場合、温度を下げるとか冷やす能力は全く無いのですが、耳で目で何故か人間を涼しくさせる不思議な道具だと思います。

有名なところで南部鉄の風鈴ですし、ガラスの風鈴は如何にも涼しげで、日本の夏に良く似合いますね? 海岸沿いの観光地に行くと貝殻を吊るしたじゃらじゃらの風鈴も有りますが個人的には好きになれません。

ところで風鈴の日って有るのでしょうか、夏の一日くらいは電気を使わないで風鈴でも鳴らして涼を採る日があっても良いのではないかと思っていますが。

もうひとつ取り上げておきたいのが、扇子です、今では落語家さん以外にあまり目にしなくなって来てしまいましたが、使わないときは非常にコンパクトになる携帯用冷房機ですので、省エネを訴えて夏には扇子を配って、地球温暖化を防ぐのもどうでしょうかね?

エアコンを買うと、説明書に風鈴と扇子がついてきまして月に一回はエアコンを休ませましょうって書いてあって、エアコンが休みの日には同封の扇子と風鈴をご活用下さいって、そんなしゃれっ気があるメーカーが出てきたら、買い替えのときにはそこのメーカーのエアコンを買いたいと思います。

追伸

北京オリンピックにあやかってパンダ風鈴が人気だと聞きますが、日本の夏にパンダ風鈴は似合わないのでは無いでしょうか?

日本人ならやはり南部鉄の風鈴辺りが日本の夏に一番似合う気が致しますよ。

ただ日本の住宅事情では簡単に風鈴を設置出来ない場合も多くて、そんな時は扇子で仰いで暑さを凌ぐのが、エコロジーでいいですよね。