売電単価の引き上げの件

確か少し前に電力会社が太陽光発電で発生した電力を買取る際の売電単価を二倍に引き上げるなんて事になったと思いますが、まぁ太陽光発電装置を既に設置している人やこれから導入をしようかと検討中の方にとっては朗報ですが、付けたくても設置出来ない人にとっては自分の電気料金が上がるのではないかと心配になるのでは無いでしょうか?

例えば太陽光発電装置の世帯普及率が過半数を超えましたら、電力を供給して売電する家庭が増えて電力そのものの単価が下がるのか、もしくは一方的に消費するだけの家庭は数が減った分だけコストがかかるので電気料金が値上がるのかどちらとも言えませんが、あまり世帯間で格差が生じる方向に行って欲しくないですからね。

なぜならば日本では日照権について太陽光発電の事まで想定した法律が出来ていませんから、何気に自宅の上空から降り注いでいた太陽光がお金を生み出す天の恵みって事にでもなりましたら、余計な争いが生じてしまうような気が致しますからね?

ついでに書きますと私の知る限り土地の値段を決定する大きな要素として、立地条件ですとか周辺環境ですとか土地の形や広さなどが最も大きな要素だったと思うのですけど、太陽光発電の普及が始まりまして、売電価格が上昇してまいりますとやはり日照時間ですとか日当たり関係が結構大きな要素になってくるのでは無いでしょうかね?

まぁ今は政府の方針として太陽光発電装置の普及に後押しする姿勢を打ち出していますけれど、この先どんな新しいエネルギー供給源を確保するのか分かりませんし、売電価格も10年後には全くわかりませんから、なんともいえないですけどね。

追伸
確か各地で風力発電の大きな風車が建設されまして、中には予定通りの発電量が供給出来なくてかえって維持費の方が高くついてしまったり、とてもじゃないけどぺい出来ないなんて事が発生しているようですけど、売電価格のアップに喜んで太陽光発電装置を購入したのもつかの間で、近所に大きな高層マンションが建設されてしまったり、方針が変わって売電価格が大幅に引き下げられたりなんて事が有りましたら、なにせ高い買い物ですから購入者としては困ってしまいますよね。

そのあたりは政府の方でも一貫した政策ですとかそれにあわせまして法律の整備などを行って頂きませんと、消費者が後で困ることになってしまうのですよね?

まぁ日本の政治は全く先が見通せませんけどね?