燃料電池とは

最近になって良く燃料電池って言葉を聞くようになりましたけど、私自身よく分からないので少々調べてみたのですが、何と言いますかベンジンを入れて 発熱するハクキンカイロのようなもので、何か燃えるもの水素とかアルコールとか入れて発電する発電機みたいなものらしいのですが、じゃぁガソリンとが軽油 を入れてエンジンの回転によって発電する発電機と何処が違うのかって説明を求められてもよく分からないのですよね。

※一応燃料を燃やしたり爆発させるんじゃなくて化学反応を起こして発電するのが燃料電池らしいです。

で一応電気関係の工業高校出身なので多少は電気の事が分かるつもりなのですが、電気を溜め込む蓄電池の技術が進んでしまえば、わざわざ 燃料電池のような発電機まがいのものを自動車とか家庭に設置しなくとも、太陽光発電とか潮力発電とか何処かで効率よく電気を作って、蓄電池に溜め込んだ電 力を上手に使うって方向が良いのでは無いかなって思うのです。

燃料電池を使うって事は当然その燃料を補給しないと発電が出来なくなる訳ですから、物理的な手段を使って水素とかアルコールとかを配送 してを考えると、既に日本中に張り巡らされた送電線から電気を送るだけとか、太陽光発電機高機能な蓄電池の組み合わせのほうが余計な燃料の輸送手段を考え なくて良いので、環境に優しような気がするのですが、どうして燃料の補給が必要な燃料電池が話題になっているのでしょうかね?

それに例えば自動車に燃料電池を積み込むって事は、水素とかアルコールを車に乗せるって事になりますから、安全性とか気になる所です ね。

素人考えですと太陽光発電のエネルギー変換率の向上と、蓄電技術の向上で燃料電池は不要って思ってしまうのですが、そう簡単にはいかな のでしょうね。

追伸
これを書いていて昔の記憶が蘇ってきたのですが、確か銅で出来た10円玉とアルミで出来た1円玉の間に紙を挟んで水道水に浸すととっても弱いけど電気が発 生した記憶が有るのですが、確か水道水に含まれている塩素だかの作用で発電するんじゃ無かったかな?

まぁなにやら世の中は急に化石燃料にそっぽを向き始めたようで、これを機会に産油国の紛争とかが減ってくれると世界は平和になるような 気が致しますし、自然エネルギーだったらエネルギー確保でつまらない紛争は起きにくそうですからね。

しかし20年後のエネルギーの主役がどうなっているのか想像が出来ないですよね。