改正貸金業法(総量規制)で借金地獄は解消されるか?

たしかこの貸金業法の改正で総量規制されることが決まったのは一年近く前の昨年の夏頃じゃなかったかと思うのですが、いよいよあと2ヶ月ほどで完全実施されるって事であちこちで取り上げられていますが、私も今回のコラムで思うところを書いてみようと思います。

さてごく大雑把に2010年6月から完全実施されます改正貸金業法の総量規制について書いてみますと、人りに貸し出しできる金額の上限を年収の三分の一以下にしてでもってその収入の確認を厳格に行わないといけませんよって事ですよね。

貸し出しできる金額の上限の基準が年収ベースになりますから当然の事ながら現金収入を得ていない専業主婦の方ではお金を借りることはできなくなりますし、所得が有っても証明をすることが出来ないとやっぱり貸してもらえなくなるって事になりますよね。

まぁ返すアテが無い人が消費者金融でお金を借りまして後になって借金地獄に陥るとか一家離散なんって不幸な事件がこれによって減少することを望みますし、消費者金融においては結構な額が回収不能の不良債権になっていて現在の貸出金利はそーゆーリスクを織り込んだ金利体系になっているはずですので、今回の改正貸金業法の総量規制によりまして健全な貸出先に現在より低い金利で貸し出しが出来るようになれば良いですよね。

ただ巷のブログや一部の評論家の間では改正貸金業法(総量規制)不況がやってくるとか弊害が色々書かれているのでありまして、例えば家庭の主婦が本当に困って一時的に数万が必要になった時に、消費者金融から借金が出きない場合に日本では他に助けてくれるところが無いし、行政は手続きの問題だとか色々有って結局は弱者が切り捨てられる事になるとか。

なかかな銀行などの金融機関が融資をしてくれない零細企業や中小企業のオーナー社長が個人的に消費者金融で借り入れをして会社の一時的な運転資金にすることがとても多いのだそうですけど、そーゆー目に見えない消費者金融の利用方法が使えなくなってわずか数十万円の現金手当が出来なくて会社倒産の憂き目に合う場合がでてきてしまうだっろうとか、消費者金融が貸出の中心であった客層に貸出が出来なくなって経営が立ち行かなくなるだろうとか色々と意見が出ているようですが、まぁ実際に始まって数カ月立たないと分からないでしょうけどね。

個人的にはお金がお金を生み出して現金そのものが商品のような商売はおかしいと思いますし、日本社会のセーフティネットがしっかりしていれば消費者金融の必要性はもっと低いものになるんだと思っています。