現金業者と総量規制

クレジットカードで即現金なる貸金業者もどき?を利用する人が貸金業の法改正によって繁盛しているとの事で、規制の動きも出ているとの事で今回のコラムではその事について書いてみようと思います。

まず貸金業の総量規制は収入に対する借金の割合をチェックして借入額に制限をかけて、自己破産者の増加に歯止めをかけようとする規制になりまして、この法令によって無職扱いの主婦は全く借りることができなくなりますし、会社の運転資金として一時的に個人で借り入れをしていた社長ですとか、借入過多の会社員も結構な数で借金ができなくなりました。

でお金が借りられない人がどうしても現金が直ぐに必要な人が現金業者に集まったようなのですが、現金業者とは俗にクレジットカードを現金化しますの類の看板を出しているような所です。

厳密に言えば現金業者は貸金業者ではなくその筋の届出が不要なところがミソなのですが、お金を必要とする人が現金業者を訪問又はインターネット上で申し込みますと、その業者がしていする商品をクレジットカードで決済致します。

例えば5万円の現金が必要な人は6万円の商品をクレジットカードで決済致しますと即現金5万円が振込まれてくる算段で、購入する商品は原価で数百円以下の安い商品を6万円でクレジット決済する形になります。

まあコレを考え出した人は相当頭が良いなと思ったのですが、まず現金業者は形式上は貸金じゃなくて商品を販売して代金を受け取る形ですので、貸金業の法規制を受けることが一切有りませんし、サラ金のように取り立てに苦労しなくてもカード会社からお金が振込まれてきますし、相手の信用調査も一切不要で安心して商売が出来ますからね。

お金を必要としている人もサラ金からお金を借りるわけでもなく、支払いもリボ払いとか分割払いとか一括支払いとか自分の好きな支払い方法を選ぶことも出来ますし、なんといってもポイントが付きますからね・・・。

おっとこーゆーのは法の抜け穴って言うんじゃないかな?

現金業者のやり方は現金業者もお客も良いことばかりに聞こえかねないのですが、まずお客は現金業者にしていされた商品代金と実際に振り込まれる現金との差額を支払って更にクレジットカードの金利手数料を支払うことになりますし、カード会社にしてもリスクを押し付けられているだけって事になりますからね。

検討されている法規制がどのような形になるのか分かりませんが、クレジットカード会社が加盟店の審査を強化すれば良いだけのような気がするのですけどね。