絶対成功するステマの方法

ステマとはステルスマーケティングの略で宣伝広告とは分からない方法で行われる宣伝手法で、姑息ともいえますし発覚して顰蹙を買う場合も出てきますし、あまり気持ちの良いマーケティング方法じゃないと思いますね。

一般的に知られているステルスマーケティングの方法としてはサクラを使ってのの人気のねつ造で、行列のできる店だとかサクラがブログやツイッターなどで広告代理店から指示された美辞麗句を書きこんで、一般大衆を誘導するって方法ですかね。

でねインターネットの普及によってステルスマーケティングがやりやすい環境が整ってその手の手法が増えてきているともいえますけど、その分だけ発覚するリスクも増えていますし、本当の意味でステルスマーケティングが成功したのはネットなんて普及していなくて、既存の大手メディアがやり放題だった時代でしょうね。

思い起こせば過去には大小さまざまなブームが日本に巻き起こっていますけど、この中の少なくない事例がマスコミによってつくられた人造人気なのでありますが、本当に実例を挙げると営業妨害で訴えられてしまいそうですので、憶測の記事は書けないですね。

ですので抽象的な表現になってしまいますが、ご存じのとおりマスコミが取り上げるブームってのは実際にブームが起こった事例を取り上げる場合も確かにありますけど、ステルスマーケティングの一環と致しましてじゃなくて大々的にさも人気を集めているように取り上げまして、シナリオ通りの放送で大衆を誘導しているわけですね。

まぁ広告宣伝屋がクライアント企業のために活動するのは営業活動、企業行動としては当たり前だと言い切る事も出来るわけですけど、放送法によって免許を受けて公共の電波を独占している既存大手メディアがその片棒を担ぐのは許されない事だと思います。

ですから個人のブログレベルで行われるステルスマーケティングなんてかわいいもので、糾弾されるべきは公共電波をつかってステマを繰り返す大手マスコミですね。

最後に絶対成功するステマの方法を書こうと思いますが、ますステマの定義ってなんでしょうか?

ステルス(見えない)マーケティング(宣伝広告手法)ですね。

その昔の日本の諺には一人のお客の背後には50人の潜在的なお客がいると言われていますが、・・・ここまで書けば皆さんお気づきでしょう。

つまりその既存の顧客の満足度を上げる事に専念いたしましたら、別に頼まなくても勝手にしかも無料でステマをやってくれて勝手にお客を呼び込んでくれるのでありまして、これぞ究極のステルスマーケティングではないでしょうか?