企業の知名度アップと売名行為

木を見て森を見ず・・うーーんちょっと違いますね、今回のコラムでは企業の知名度アップと売名行為って事につきまして、頭に思いつくままに書いてみ ようと思っているのですが、消費者ってのは企業の名前を知っているからとか、有名企業だから事を商品の選択理由にする比率が高いと思いますし、本質って言 いますか中身をよく確認する事は手間がかかるし、まあ名前通った所を選んでおけば間違いないし安心だって心理は働く事が多いのでは無いでしょうか?

まあ株式公開ですとか上場ってのも、資金や透明性を高めるって目的にはなっていると思いますが、一番の目的は企業の知名度を高めましょうっ て事になるのでは無いでしょうかね?

勿論、企業が株式市場に上場を果たすためには幾つものハードルを乗り越えて、数年間の長い期間をかけ て、上場を果たすので有りますが、世の中の99%企業は、それが難しいので有りまして、他に知名度を高める手段・方法としましては、宣伝広告などのマスコ ミを使うか、地道に口コミで知名度が高まるのを待っているか、売名行為に走るしかないのでありますよね?

そうそう、もうひとつテレビ番組で 取り上げてもらうってのが有りますが、こちらの半分くらいは広告代理店経由の情報での取り上げになっていると思います。

もし何らかの事柄で 売名行為が出来るので有れば、(落とす気が無いのに世間で注目されている企業の買収や譲渡に名乗りを上げるとか)、殆ど費用がかかる事なく、素早く企業の 知名度を上げる事が出来るので有りますね。

でね、売名行為やそれと思われる企業に対しては、すぐに世間からは売名行為だって声が上がってく るのでありますが、これが出来るのも才能の一つだと思おますし、何を言われようが知名度が上がって、業績向上のきっかけになるので有れば、躊躇したりため らう必要は全くないので有りまして、チャンスが有ればやれば良いのではないかなって思いますね。

追伸

悪名でも無名よりはよっぽど良いって言った政治家がいましたが、企業の場合はどうなのでしょうか?

悪名よりは無名のほうが良いと思いますけどね。