新型インフルエンザ

インフルエンザウイルスに考える頭脳があるとは思えませんが、もしかしたら地球外に作戦本部や研究所が有るのでは無いかと思われるほど、インフルエンザウイルスは巧妙に勢力を維持拡大しているのでありまして、人類を滅亡させてしまわない程度に猛威をふるいつつ次々と人類が繰り出す予防薬(ワクチン)や抗生物質などの治療薬との攻防を楽々クリアしているように思うのですよね。

まあ毎年バージョンアップした改良版のインフルエンザウイルスが投入されて計画通りの行動で暴れまくって最後は池野メダカさんの台詞で”今日はこの位にしといたるわ”って捨て台詞を残して去っていって居るのでは無いでしょうか?

ですので人類が次々対抗策や予防策を考えてもインフルエンザウイルスの作戦本部の科学力や諜報能力は我々人類の上をいっているようですから、もしかしたら予防薬(ワクチン)や治療薬の開発をストップしても世界的なインフルエンザの流行は一緒のような気がしないでも無いですし、地球外にあるインフルエンザウイルスの作戦本部を見つけ出して破壊するしかインフルエンザを根絶する事は無理ではないでしょうかね?

※冗談抜きでインフルエンザウイルスがこれだけ毎年猛威をふるって未だに人類が撲滅できない原因は、絶対人類より科学力が進んだ研究所と研究員を抱えて日夜進化しているとしか思えないのですよね。

ただ、相手も人類を絶滅させてしまっては寄生する相手が減ってしまって、暇を持てあましてしまっちゃいますし、インフルエンザウイルス研究所の職員のリストラになっても困りますから、適当なところで、今日はこの位にしとったるわって捨て台詞で攻撃をお仕舞いにしてくれると思いますので、その点は大丈夫だと思いますけどね。

但し、体力が低下している人間とか手洗いうがいをしていない人とか、インフルエンザウイルスが獲物を探して徘徊している人混みの中とかにマスクも無しに無防備に口を開けて歩いている人など、インフルエンザウイルスもやっぱりガードの堅い人よりも、侵入しやすい人を狙ったほうが楽に自分のノルマをこなして仕事を片付ける事が出来ますので、手洗いうがいとマスクと正しい食生活で清潔と体力維持には気をつけたいですよね。

追伸
良く不思議に思うのですが、蝿とかゴキブリとかそのばい菌だらけの不潔な場所に生息している生物たちは、風邪を引いたり病気になったりしないのでしょうか?
まあ彼らが病気になったとか、伝染病が流行ったとか話は聞いた事がないですし、不思議なのであります。