営業支援の方法

言うまでもなく会社における営業部門ってのは収入を得る最前線なのでありまして、間接部門や製造部門や商品企画部門がどんなにしっかりしていても、 営業部門が苦戦してしまいますと会社にお金が入ってこなくて下手すると倒産してしまったりするのですよね。

まぁ中には商品や製品が素晴らしくて営業部門なんてものは無くたって売れてしまう場合も有るとは思いますが、基本的には営業部門は会社 の要であるわけです。

で私も過去に会社務めの頃に経験が有りますが、会社の売上が下降してきましてこれは危ないぞって時には営業部隊に発破をかける以外に、 間接部門や会社の上層部が何とかして売上を確保出来無いかって事で営業支援の方法を考えたりする場合があると思います。

良く有るのが製造部門ですとか間接部門の社員を一時的に営業応援って事で、営業の現場に配置換えや出向の形をとりまして、営業現場の人 間を増やしたりするって事は良く有る話だと思います。

しかしながらそーゆーのを嫌がる社員も多いですし、全く営業経験のない社員を最前線に送り込みましても現場が混乱するだけですから、何 か営業支援の方法を考えて売上を少しでもあげてもらいましょうって試行錯誤する場合も有るのではないでしょうか?

まぁ会社によっては全員営業を標榜して対応など工夫しているところも有るようですし、間接部門が営業部隊の求めに応じまして販売促進資 料の作成を手伝ったり、サポートに関して営業マンの手を煩わせないように協力したり、技術部門が営業マンに対して勉強会を提案したりライバル他社の攻略法 を考えたりするって場合も有るのではないでしょうかね?

で私は思うのですが、普段全く営業の仕事をしていない間接部門の方が営業支援の方法を考えるときに、どうしても営業的な視点で考えてみ ようと努力するのではないかと思いますが、実際には全く違う視点で考えて提案したり行動するってほうが有益な場合が多いのではないでしょうかね?

まぁ畑違いの営業畑に意見具申したり異を唱えるってのは実際には難しいのかもしれないのですけど、営業マンが長年の慣習ですとか馴れで もって毎日やっている業務がもしかしたら非効率になっていたり、利益につながっていないって事も良く有るのですよね。

ですから間接部門の方が営業支援をするって事になりますと、よくあるのが営業部隊の求めに応じまして何かを手伝うって場合が多いと思い ますけど、時には自分の視点で現状を把握させてもらいまして、その上で提案したり何かを提供するっても大切なのではないでしょうかね?

朗読版