電波時計とパソコンの内臓時計

まったく便利な世の中になってきたもので、少し前までは時計が表示する時間はずれるのが当たり前で、腕時計も柱時計も目覚まし時計も、それぞれ毎日キチン キチンと進んで行ったり、遅れて来たり大概は進む方向でずれてくるのですが、時計はすべて定期的に時報を聞いて時間を合わせることが当たり前でした。

時 計のほうも、主に腕時計からだと思いますが水晶発信になりまして、誇らしげに精度を競うようになりまして、月差10秒だとか一年間で3秒しか誤差が出ない とか、腕時計はみんなで必死になって精度を追求して、謳ってきた時代がありました。

ところが、電波時計の登場により精度はみんな一緒、時計を合わせなくても何時でも正確な時間を表示するようになりましたね。

そもそも、今は腕時計を嵌める人は少なくなってしまいまして、原因は携帯電話の普及ですが、折角正確な時間を刻む精度を、ついに電波時計に たどり着いて、時計合わせの不要な正確な時間表示を手に入れたと思ったら、携帯電話にお客を取られてしまいましたね。

一部には腕時計に携帯電話を取り付けた、腕時計型携帯電話の動きも有るようですが、時既に遅しなのでしょうか?

ところで、このコラムを読んでいらっしゃる方はパソコンでインターネットにつないで、読んでいると思いますが、パソコン内臓の時計もう少し 精度が上って欲しいと思いませんか?

高いパソコンを購入しても、内臓時計の精度は一緒のような気がしますし、パソコンの宣伝で、当社のパソコンの内臓時計の精度は抜群で正確で すなどという表現も見ませんからね?

一部のパソコン上級者の方が作ったソフトでインターネットの何処かのサイトに接続して自動的に時計の表示を修正するソフトも有るようです が、パソコンを購入したときから、時計合わせのソフトが付いているパソコンは見当たりませんよね?

最近はパソコンが随分身近になりましたが、その昔はコンピューター様で、威光を発していた時代も確かにありました。

威光を発していたコンピューター様ですから、せめて表示時間は何時も正確な時間を表示して頂きたいものではありませんか。

まあ他の機能アップはPR効果が有りますが内蔵時計の制度が上がったでは、インパクトは何もないので、後回しになるのは理解できま すけどね。