経済波及効果の計算方法

今回のコラムはふと浮かんだ疑問から書き始めているのですが、よく阪神タイガースが優勝したら経済効果は20億円だとか、つい最近もWBC(ワールドベースボールクラシック)で侍ジャパン(何で日本語の侍が頭にきて後が英語でジャパンなのか不思議な気がしますが)が優勝して世界一になった時に経済波及効果は50億円だとか一体何の目的があって発表するのかが不明ですし、そもそもその経済波及効果の計算方法と言いますか根拠が明確に示されたのを見た事も聞いた事もありませんので、どうも怪しいなって思っている人も多いのでは無いでしょうか?

まあ一応曖昧な根拠はありますよ、例えば読売ジャイアンツが優勝した場合の経済波及効果でしたら、優勝に伴ってソゴウなどで展開される優勝記念セールの売上げですとか、優勝にかこつけてお父さんが飲むビールとつまみの売上げですとか、テレビ視聴率の上昇ですとか、急にオロナミンCを思い出して卵とオロナミンCでオロナミンセーキを作って飲む人が増えるとか、報知新聞の売上げが伸びるとか、まあとにかくそーゆーのを寄せ集めて経済波及効果は50億円だとかって事になるらしいのですが、どうも何得出来ないのですよね。

例えば、読売巨人軍が優勝して喜びの余りお父さんが焼き鳥屋で祝杯を上げるって場合で考えて見ますと、別にジャイアンツが優勝したからって給料が増える訳でもなく、当然お父さんのお小遣いはびた一文増額する事は常識的に考えられませんから、ジャイアンツ優勝で祝杯を上げるのに使った分だけ、明日のお昼を我慢するとかまあ限られた小遣いのなかでのやり繰りでしょうし、確かにテレビの視聴率ですとか他に余り影響がない範囲で経済波及効果を出す場合も有りますが、何と言いますか全体のパイが同じ中で、その使い道が変更になっただけ何て物まで一緒にして、経済波及効果の計算をするのは何だか変な気が致しますね。

先日のWBC(ワールドベースボールクラシック)の場合でしたら、日本が優勝する事によって海外で日本製品が今まで以上に売れたとか、日本への投資を考える投資家が沢山出てきました何て事になりますと、日本に与える経済波及効果は真水と言いますか純粋に効果が有るって言っても良いと思いますけどね。

追伸
えっと思った怪しいのが地方が自分の地元に道路を引っ張る時に、道路が引かれた時の経済波及効果なんてのを誘致の根拠にしたりしているようですが、目的ありきの結論がはっきりしている試算ですから、とんでもない甘い経済波及効果の試算が出てくるのですよね。