都議会議員選予測

日本最大の政令指定都市であります東京都の議会議員がどの位の影響力があるのかよく分かりませんが、何だか話題を盛り上げたいのだか何だか分かりませんけど、一部のマスゴミが必要以上に都議選と衆議院議員の任期満了による選挙とを結びつけて考えたがるのでありまして、何と言いますか衆議院選挙の前哨戦が都議選なのだそうでして、都議選の結果が衆議院議員選挙の結果を占う事になるそうなんですけど、本当でしょうかね?

でですね、都議会議員ってのはあくまでも東京都内の政治的な行動や発言を行うのでありまして、国会議員よりは政党色が薄い様に思いますし、そもそも東京都内在住で選挙権を持っている人でも半分くらいしか選挙に行かないのに、東京都民以外が都議選に興味を持ってってもしょーがないと言いますか、無理矢理国政選挙に結びつける必要も無いのでは無いでしょうかね?

で何故か千葉県民で東京都には年に数回足を踏み入れる程度で、東京都と何の関係もない私が都議外選挙の予測を書くわけですけど、これってどう考えても自民党は少なくとも議席を減らすのは確実で下手すると大幅に減らしますし、たぶん共産党が結構躍進するようですが、民主党ははっきり言って選挙当日まで何が出てくるのか分からない不思議な政党ですから、予測が難しいのですよね。

つまりその私の個人的な都議会議員選挙の予測としては、自民党対民主党がクローズアップされているようですけど、伏兵と言いますか予想している人も結構いると思いますけど、社会情勢から言っても何だか共産党が議席を伸ばす予測なのですよね。(大多数は取らないまでも議席を倍増させるのでは無いでしょうか)

追伸
その小泉劇場って言葉が生まれたあたりから、軽薄なテレビが政治を変な形でお茶の間に持ち込んだと言いますか、ワイドショーの延長上の様にしてしまった感じがありますよね。

はっきり言ってマスゴミが今回の都議選を取り上げるのでしたら、現職の都議会議員が在職中にどんな仕事をしてきたかとか、公約を守ったかなんて事に光を当てるべきでしょうし、大雑把に政党同士の争いって切り口にしないで、必要な部分に光を当てて欲しいですね。

なにせ何だか都議選に限った事じゃ無いですけど、選挙が近くなってくるとマスゴミも議員も妙に頑張ってしまって、その選挙期間が一番何だか頑張るって感じなのは変だと思うので有りまして、本当は常日頃の活動を評価して投票するかしないのかが出来る仕組みが必要なのでは無いでしょうかね?