帝国データバンクの偽物?

確かわが社は創業三年目位に帝国データバンクの企業情報に掲載されたようなのですけど、あれって毎年時期がくると電話がかかってきて売り上げとか状況を調査するじゃないですか?

で今回のコラムではどうやら帝国データバンクの名前を騙った偽物が電話してきて私は正直に答えてしまったって内容です。

さて一昨日の事ですが帝国データバンクを名乗る男性から電話がありまして、調査に協力して欲しいとの事でまぁ毎年恒例の事なのですけど、そう言えば1~2ヶ月前に同じようにその時は帝国データバンクを名乗る女性から電話があって対応したことを思い出しました。

なのであれ?確か少し前に電話頂きましてご協力しましたよね?って事で質問致しましたら同じ会社に二回電話することはないのだそうで、こちらの男性は当然ですけど私は本物ですと名乗るわけです。

まぁ協力しない気はないのですがどうも心配なので、その男性に対して私が氏名を存じ上げている帝国データバンクの社員の方の苗字を言いまして下の名前は何かと訪ねました。

結果はその名前を無事お答頂きまして正真正銘の帝国データバンクの社員の方だと納得致しまして質問にお答したわけですけど、じゃその前に電話してきた女性はどうやら偽物が名前を騙ってわが社の内情を調査してきたようです。

う~んけど別に売り上げ状況とか社員の数ですとか取引先などを聞き出しても、うちのようなちび会社の情報に価値があるとは思えませんし、なにか私の会社の内情を知りたい人や企業といっても思い当たる節は強いて言えば係争中の一社くらいしか思い浮かばないのですよね?

まぁうちの会社の調査をしたいけどお金がぜんぜんなので、社員に帝国データバンクを名乗らせて電話したなんて事を考えられなくも無いですけど、確か500円くらい出せばインターネットで情報なんて引っ張り出せるんですけどね?

でねそんな事があって思ったのですが例えば私がね、もしもし帝国データバンクの者ですが調査にご協力下さいって電話したら推測ですけど一定の確率で会社の情報をしゃべっちゃう人が出てくるのじゃないかと思うのですね。

ただまぁ代表者の名前ですとか取引先とか売上高を聞き出しても価値があるとは思っていませんけど、電話口の向こうにいる相手を疑いだしたらキリがないじゃないですか?

でもキリがないと言ってもまぁ何らかの注意を払いませんと、詐欺に引っかかってしまう可能性も出てしまうのでありまして、全く困った世の中なのです。