倒産回避を再び考える

相変わらず日本での倒産件数は高止まりしているのでありまして、これが健全な資本主義の自由競争社会の象徴と言えばそれまでの話で有りまして、統計上の話ですとか机上の経済学の世界でしたら倒産ってのも一つの現象に過ぎないわけで何の感情も湧かないのでありますけど、これが自分の経営する会社が倒産しそうだとか、生活の糧である現金収入を得ている勤め先が倒産したなんて事になりますと、中流家庭とか恵まれた生活から一転して厳しいことになりまして、今の日本ではホームレスに転落するのも簡単だそうですから、簡単に倒産を受け入れるって訳にはいかないのですよね。

でね、私自身の経験を元に今回のコラムを書いているのですけど、そりゃ10年以上も零細企業を経営していましたら大きな経営危機から、小さな低迷まで沢山の経験を積ませて貰っているのですけれど、やはり倒産回避の基本は何と言っても冷静な判断力を失わないようにする事と、強い意志があって初めて他の経営戦略ですとか資金調達ですとか、銀行を始めとする金融機関との交渉ですとか、税務署職員の方との折衝が上手くできるのでは無いでしょうかね?

勿論ね、経営者が幾ら冷静さを保っていて鉄の意志を持つ人間であっても資金不足ですとか売上不振や多大の損失ですとか、不渡りを掴んでしまったとか経営者が誰であろうといかんともしがたい状況で誰が経営者でも倒産してしまうって状況も少なく無いのかも知れませんけれど、私が思うには中小企業や零細企業でしたら経営者の考え方と行動次第で、危機を乗り越える事が出来る場合が多いのではないかなって思いますね

確か前に何処かで耳にしたのか本で読んだのかは忘れましたけど、手形に手を出すような真似さえしなければ、あとは支払先と上手に交渉するとか、税金を分割払にして貰うとか値切るとか最悪の場合は従業員を全員解雇してしまうとか、会社まるごと譲渡してしまうとか、不採算部門だけを切り離してしまうとか色々方法は有るようなんですよね。

ただ色々な倒産回避の方法が有っても、経営者が精神的に不安定な状態にまでなってしまいますと、冷静さを欠いてしまってしかるべき専門家に相談することを失念してしまったり、色々と倒産回避策を探したり必要な行動がとれなくなってしまうのですよね。

まぁある意味では倒産を恐れないで肩の力を抜いて的確に判断して行動するのが一番の倒産回避の行動かもしれないですよね。