年末の売上げ対策

商売相手とかエンドユーザーが企業って形の商売をしていますと、12月の売上げが芳しくないと更に売上げの落ち込みが予測される1月や2 月を乗り切ることが時として困難になってしまいますので是が非でも12月は通常の月よりも売上げや利益を稼いでおきませんと年明けから厳しい企業運営を強いられるって経営者の方も少なく無いのでは無いでしょうか?

まぁそんな事は百も承知の経営者の方が殆どで今年は諦めて来年から心機一転頑張ろうなんて暢気な経営者の方は少数派では無いかと予想するのでありますが、なにせ売り込み先の企業だって12月も半ばを過ぎますと、新たに物品を購入するって気持ちにはならないので有りまして、12月に売上げをそれなりに確保するためには11月の終わりから12月の10日くらいまでにかけて必死の営業活動を行いまして12月の半ばを過ぎましたら代金の回収ですとか挨拶回りで忙殺されるって感じになってしまうのでは無いでしょうかね?

ですから実際に12月の売上げ確保に走るって事でしたら11月の中旬くらいから営業マンの動きですとか販売施策ですとか、販売ターゲット毎の販促ツールの見直しですとか応援態勢ですとか様々な方法を検討して準備しておきませんと、12月に入ってから今年最後の月なので頑張ろうだなんて言い始めてもかけ声だけで終わってしまうのが関の山だと思いますね。

ただまぁ実際には商売なんてものはそんな単純な話では無くて高額賞品の販売になるほど、もっと早い時期から商売の種まきと言いますか、見込み客の開拓を行っておきませんと、いざ売上げ確保って躍起になっても難しいのですけどね。

話は変わりますがそういえば私の子供の頃ってのは12月になりますと商店街で歳末大売り出しってのを何処でもやっているのが12月の風物詩だったような気が致しますが、商店街のほうも何時の間にかシャッター通りって風に変わってしまったところも全国に沢山有りまして、昔のような歳末大売り出しを目にする機会も減ってしまったのではないでしょうかね?

それそうと銀行などの金融機関ですとか中小企業向けに資金貸し出しを行っているような金融業者にとって12月は逆に顧客獲得のイベント月のような感じで、年末を乗り切るために借金でなんとかする企業が少なく無いって事になるのですけど、12月の借金は早ければ年明けの1月から返済が始まるのでありまして、売上げが落ちる1月2月に場合によっては返済が重くのしかかって来るので有りまして、出来れば売上げ確保で12月の営業成果をしっかり残して新年を迎えたいものですね。