社員にボーナスなしの告知

幸いなことに約20年弱のサラリーマン生活の中でボーナスなしだった事は一度も有りませんけど、雀の涙程度の寸志だったことが一回だけ有りました。

社会が二極化する前から会社なんてものは業績の良い会社も有ればボーナスどころか毎月の給料だって遅配が当たり前なんて会社も少なくないので有りますが、過去には一応人並なボーナスを支給出来ていた会社が業績の低下によってどうも今年の夏(または冬)はボーナスを出せそうも無いなんて事になりましたら社長としては何時告知しようか悩むところではないでしょうか?

まぁ世間ではボーナス払いなんてものが存在していますし、やっとの思いでマイホームを手に入れた人の中には多額のボーナス払いに迫らてれいる人もいるかもしれないですから、告知するのなら早い方が良いのだろうけど、最後の最後までボーナス支給するために頑張ったってポーズだけでも見せたいとか、ボーナス支給なしを告知することによってモチベーションが一気に下がったりデキル社員の流出を心配して中々告知出来ないまたはしない場合も多いのではないでしょうか?

社員としてはボーナスが出ないのがはっきりした時点で早く告知して貰った方が何かと手が打てますし、もし出るか出ないかはっきりしないのでしたらボーナス支給分岐点の売上高なり粗利益の額なりを告知して貰った方が何かと手が打てるのですけどね。

まぁ普段からガラス張り経営に徹している経営者の方でしたらこんな事に悩まないで、今回はボーナスが出ないけど次は沢山貰えるように頑張ろうって事で告知は終わってしまうのだと思いますけど、普段から社員に経営状態を一切教えないでワンマン経営に徹している社長ほど告知に悩むことになるのではないでしょうか?

ただ思うに言いにくいことはさっさと話してしまったほうが頭を切り替えて仕事に専念出来ると思いますし、なにより恐る恐る社員からボーナスは出るのでしょうか?なんて質問されて仕方がなく今回は出せませんなんて返答はしたくないですからね?

それとついでに書いておきますけど、どうもボーナスが払えないって社員には絶対に告知できないしその事が外部に漏れ伝わって信用力が低下したら問題だなんて考えまして、借り入れを起こしてまでボーナスを払う優しい社長さんもいらっしゃるようですけど、そんな事しましたら後で余計に経営と資金繰りが苦しくなるのに決まっているのですから、無理はしないようにして本業で充分利益が出せるようにがんばりましょうね?