NHK受信料不払い運動について考える

結構な不祥事が表に出てきていたりするNHKですが、様々な理由で受信料を払いたくないって人も結構いらっしゃるようで、今回のコラムではそんなNHKの受信料の支払い拒否について考えてみたいと思います。

まず正直な感想から書きますと、NHKの受信料を支払いたくないのであれば家中のテレビを処分してしまって一切テレビの無い生活になって、正々堂々とNHK との受信契約を解約すれば済む話でありまして、NHKだけは絶対に受信出来無いテレビが発売されていない以上はこうするしか無いのではないでしょうかね?

なんと言いますか全ての人ではないと思いますが、大河ドラマやニュース番組などしっかりNHKを見ていながら、受信料は勿体無いから払いたくないって人もいると思いますし、NHKに不満が有っても番組を見ている以上は受信料を支払った上で、意見を言うって考え方のほうが良いと思うのですよね。

私自身はとっくの昔にテレビ受像機は全て処分致しまして、NHKの受信契約も素早く解約致したから書けるのですけど、別にテレビが無くて困るデメリットはごくごく僅かで、逆にテレビが無いことによって生み出される時間的な余裕ですとか、経済的にプラスだとか本を読むようになったとかメリットのほうが断然大きいのでありまして、NHK受信料の不払い運動なんてやっているのでしたら、さっさとテレビの無い生活になってしまえば良いのになって思いますね。

ただまぁNHKの受信契約に関しては、テレビ受像機が有るだけで強制的に契約義務が発生するなんて状態も少々問題ではないかと思うのでありまして、アナログ放送が停波してデジタル放送になる機会に、受信料を支払っている人だけが受信できて、見たくない人は見なくても良いようにすべきだとは思いますけどね。

追伸
巷の話なので根拠は無いのですけど、ここへきての大不況で民間放送局は広告料収入の激減で低予算の番組を作らざるをえない状況になっておりまして、どうも番組の質が落ちてきているとの事ですが、NHKに関しては別に番組の質が此処へ来て上がったわけでもないけれど、民間放送局の制作する番組の質が下がった為にNHKの放送する番組は良質に感じられるようになってきたようですよね。

不況がこのまま続きますとますますNHKと民間放送局の番組の質の差が広がってしまうような気が致しますが、NHKが変な拡大路線をとらないと良いなって思うのであります。