妄想戦士なのか?、親日家・朴槿恵(パク・クネ)は何と戦っているのか?

隣国は選べないのが日本にとっての頭痛の種でありますが、今回のコラムでは韓国初の女性大統領であらせられます朴槿恵(パク・クネ)大統領について考えてみたいと思います。

朴槿恵大統領は戦う大統領であります、いつも全力で何かに対して戦いを果敢に挑んでいることは明白なのですが、一体誰のために何のために何と戦っているのかが誰も知らないのでありまして、数少ない側近でも朴槿恵大統領が何と戦っているのか知らないのではないだろうか?

そんな朴槿恵大統領が戦っている相手を今回は様々な角度から考えてみたいと思います。

まず考えられるのが朴槿恵大統領が日本と戦っているとの説からですが、確かに表面上彼女の反日的な言動から相手が日本国であると考える向きも有るようですが、私の考える限りの推測では彼女は歴代韓国大統領の中でも父親の朴大統領に次ぐ親日的な大統領ではないかと思います。

なにせ朴槿恵大統領がまともな経済対策を取らないおかげでウォン高の影響もあり、韓国製造業の凋落が始まりましてお陰様で日本の輸出型製造業は息を吹き返すことが出来ましたし、目に見える形での日本批判を国際社会に向けて派手に打ち上げてくれたお陰で、覚醒するといいますか日本人が日本国民としての自覚を取り戻し間違った歴史認識を直視するようになりましたからね?

他にもね、世界中に韓国は慰安婦像なるどう考えても韓国を貶めるとしか思えないような銅像を建てようとしてみたり、表面上は日本と戦っているように見せても実際(結果としても)日本に追い風を吹かせているようですので、まぁ彼女が戦っている相手が日本国ってことは無いでしょうね?

じゃぁ朴槿恵大統領は存在しない敵を頭の中に作り出して、勝手に暴走して戦っている妄想戦士なのかというと、多少その気があるような気もいたしますけど、これも想像上の生き物が言動に現れてこないのでこれも違うでしょうね?

となるとやはり考えられるのは、自分の父親を亡きものした韓国国民と人知れずたった一人で孤独な戦いを続けていると考えたほうがしっくり来るわけですよ。

(朴槿恵大統領は母親も父親も親日家だった故に同胞の韓国人に亡き者にされてしまっています)

彼女はあえて反日的な発言を繰り返す事をしつつ経済的な対策は一切放棄いたしまして気が付きたら韓国経済は疲弊して国民は不幸になり、日本が復活しているといった青写真に添って行動しているように最近思えるんですね。

ですから私の推測としては朴槿恵大統領が戦っているのは全韓国国民じゃないかと推測するのです。