自動車無しの生活

移動の方法を徒歩と自転車、それに公共の交通機関に切り替えて数ヶ月になりまして、まだ車を手放すには至ってませんが次の車検が来る前には完全に自動車とおさらばできるかもしれませんが、どうも日本中に車のない生活にチェンジする人が増えているようですね。

車を手放して自動車のない生活を選択する人の理由はそれぞれで、経済的な事だったり節約志向だったり健康を考えて自転車に切り替えたり、一年を通じてたして乗らないのに冷静に考えれば相当の金額を乗用車の維持に使っていて無駄に気が付いた人も多いでしょうし、少しでも地球環境に優しい生活をしたいと思ったエライ人も多いのでは無いでしょうか?

所が報道によりますと景気浮揚策の一環として自動車の購入を促進しようと取得時の税金を軽減しようって動きが出ているのだそうで、わざわざ減税してまで環境を破壊する車を世の中に増やそうとする考えがよく分からないので有りまして、どうせなら環境対策とか食糧自給率の向上とか産業のシフトをこの機会に行って車が不要の社会を目指すべきだと思いますが、業界からの圧力が有るのか逆の方向に進んで行っているような感じでしょうね。

さて、車のない生活について私の経験を織り交ぜて書いて見ようと思いますが、先ず自分の足で歩く移動ですがまあ結構な機動性があるもので、人によって差はあると思いますが概ね1時間で4キロメートル程度の行動範囲になりますので、自宅から半径4キロの範囲を円で囲ってみますと結構な範囲をカバーしている事に驚く方も多いと思います。

これが自転車になりますと更に1時間で移動できる行動範囲が広くなりまして、使用する自転車の種類や乗る方の体力などで大きな差が出てしまいますが、私の場合ですと自転車での1時間の移動時間は約20キロメートルになりますので、こうなりますともう大概の場所には自転車で移動できてしまうので有りますね。

勿論、雨の日もありますし荷物を運ぶ必要がある日も出てくるのですが、公共の交通機関も有りますし自動車を所有して高い維持費を支払う位でしたら、必要に応じてタクシーを利用したほうが余程経済的ですし、アルコールをたしなむ人にとっては飲酒運転の可能性が無くなって良い事では無いでしょうかね?

追伸
勝手な考えですが、タクシー業界は折角ですから自家用車を辞めてタクシーを使おうキャンペーンでやれば良いのではないかと思いますね。
現在乗用車を所有している人の数割に当たる方は、自動車のない生活にチェンジしたほうがより豊かな生活を送れるようになると思いますけどね。