カーナビの盗難対策について考える

最近は自動車本体の盗難以上に車に装着されたカーナビゲーション単体の盗難が急増中なのだそうで、これはゴリラのような一体型で盗むのが簡単で転売もしやすい事も影響しているように感じるのですが、盗難対策としては車を離れるときには取り外して室内に入れろなんて面倒な対策はしたくないですよね。

思うにこれだけカーナビの盗難が増えているのですから、カーナビ本体に何らかの盗難対策を施す時期に来ているような気が致しますが、コストの問題で難しいのでしょうか?

例えば暗証番号をセットしないで本体を金具から外そうとしたら警報機が鳴り響くようにするとか、もしくはカーナビ本体に内蔵された盗難防止装置で車全体を盗難から守るようなアイデアは実現出来ないものでしょうか?

それにETCが最近普及していますが、あれは本体にセットされたカード情報を発振器で発信して料金所のシステムと情報をやり取りしていますが、あの技術は盗難対策にとても有効に使えると思うのです。

ETCに関しては高速道路を使わない人にとっては不要ですが、例えばカーナビに独自のナンバーを発信するようにしておいて、もし届出の有った盗難カーナビが全国の特定ポイントを通過したら、ピックアップして犯人逮捕とか盗難カーナビの回収が出来るようにとかね?

まぁ聞くところによりますとカーナビの盗難が更に多い海の向こうのアメリカでは、車から離れるときはカーナビとかカーステレオとかいちいち取り外して車外に出ると聞いたことが有りますが、それじゃ車で出かけた方が手荷物が多くなってしまいますし第一雨が降っている時など大変ではないでしょうか?

最近安くなったとは言えカーナビ本体は高いものでは20万円を超えますし、コレがなと運転が出来ないなんて人もいらっしゃるでしょうから、そろそろ本腰で盗難対策が必要な気が致します。

追伸
私はかれこれ4台ほどカーナビを過去に使ってきましたけど、道路選択の制度は昔から余り進歩していないようで良く知っている道を走るとすごく実感する人が多いのではないでしょうか?

何故か遠回りしていたり、わざわざ迂回して大通りに一回出ようとしたり知らない遠くに出かけるときには非常に重宝致しますが、それ以外ではどうも道順選択の精度が気になってしまいます。

ただまぁ地図と方位磁石に頼って苦労していた時代から比べたら比較にならないほど便利になったのですけど、使い慣れると色々不満が出てきてしまうのですよね。