日常のバイクのメンテナンス(DJEBEL200ジェベルと読みます)

毎日の通勤、営業、遊び、買い物等々日常の足はすべてSUZUKIのオフロードバイクを利用しているので、走行距離の延びは凄く、オイル交換は2週間に一 回の割合でのオイル交換となっています。

2週間に一回のオイル交換をやっているわけなので、作業も随分システム化されてきたようなので参考になるか どうかは不明ですが、日常のメンテナンスの手順について書いてみようと思います。

用意するもの

バケツに灯油を1リットル位
バイクから出て来た古いオイルを受ける平たい容器
4リットルの焼酎の空きペットボトル
軍手
17のメガネレンチなど工具類

1、5分ほどアイドリングさせてから、バイクの下にトレイを置いてドレインボルトを抜いて古いオイルを抜き出し開始。

2、オイルが抜けきる間に、点火プラグの点検の後、エアクリーナー(湿式のスポンジ)を取り外して、バケツの中の灯油で洗って、エンジンオ イルを塗った後取りつける。

3、古いエンジンオイルが抜け切ったら、ドレインボルトを着けて、新しいオイルを入れる。
※最近特にオイルの減りが激しいので、結構多めに入れてます。

4、抜き取った古いエンジンオイルはドライブチェーンに注油するのに使うので、焼酎のペットボトルに入れておく。

5、ドライブチェーンに油をさしておく(抜き取った古いエンジンオイル)

5、古いオイルで汚くなったトレイや工具などを、エアフィルターを洗うのに使った灯油で綺麗に洗って片付ける。

以上が、2週間に一回のバイクのメンテナンス作業ですが、慣れて来てるので一回約30分程度で完了しています。

走行距離は8万キロに迫っていますが大きなトラブルも無く快調であります。

しかしバイクは日常のメンテナンスで物凄く寿命が違うので有りまして、特に車検が存在しないバイクになりますと、メンテナンスをし ない人は誰もメンテされない訳で有りまして、すぐに乗れなくなってしまうんですよね。

まあ自分でバイクを整備するって作業はやっているうちに楽しくなってくる事も多いので有りまして、はまる人も多いのでは無いでしょ うか?

まあむき出しでちょっとした事故が生命に直結するのがバイクですから、気を付けて普段からバイクの調子には気を配りたいものですよね。