不正B-CASカードと技術力

相変わらずスパムメールの類が一日に200通を超える勢いで到着していまして、といっても自動的にフィルターで排除していますから気にしなくても良いわけですけどここのところ不正改造されたB-CASカードを販売する怪しげな業者からのメールが目につきますので今回のコラムで取り上げてみようと思います。

先ほど届いたメールの本文

———-転載開始———-
件名:全チャンネル対応の完全版!噂のあのカードが在庫数限定の大特価!!
◆視聴料を気にせず有料放送を楽しみたい。
◆見たいチャンネルが多くて全て契約出来ない。
◆有料放送を見たいけど視聴料を払いたくない。

そんな方には特にオススメのカードがあります!!
このカードが1枚あれば全ての有料放送を毎月の視聴料を払うことなく見る事が出来るんです!!

◆使い方は簡単◆
現在お使いのテレビに差し込まれているB-CASカードをこのカードに差し替えるだけ!!
設定なども全て不要で、たったこれだけで豊富な有料放送全チャンネルが無料で見れてしまいます!!

現在は生産されていない稀少な完全版(男性待望のあのチャンネルにも対応!)のカードです!!
在庫数も大変少なくなっておりますが、今だけ限定!業界最安値の24,800円でお届け致します!!
生産終了品の為、手に入れるなら今が最後のチャンス!!
ご注文はお早めに!!
———-転載終了———-

しっかし訴えられて損害賠償請求が確定した事例も沢山あるし、どんな法律で罪になるのか分かりませんが、購入して視聴した人も罪になるってのによくやるなって感じですね。

さて不正改造したり不正改造の方法を流布したり販売する輩が問題なのは間違いありませんが、しっかしこれの元々の配布元(開発元)は対策を十分講じなかったのでしょうかね?

いつの頃からこのB-CASカードの不正改ざんの方法が見つけられて違法業者が出てきたのか正確に分かりませんが、これじゃ困りますよね。

そういえばB-CASカードもそうでしたけどテレホンカードも違法改ざんされた不正テレホンカードがずいぶんと出回っていましたし、これらって確か世の中にデビューするときには、改ざんは考えられないってふれこみだったのに・・・これじゃね住民基本台帳カード(住基ネット)についても相当に不正改ざんが行われる可能性が有ると思わざるを得ませんね。

そんな訳で業界やら団体の訳のわからない要望にこたえて技術的に未成熟なものを国が率先して推進するのは時期尚早って事になるのではないでしょうかね?