SIMロック解除に賛成する

たしか前にも同じような議論が出てきた時期が有ったと思いますが、どうやら近い将来に日本の携帯電話端末は SIMロックが解除されたものが出まわるようになる公算が強いのですが、ソフトバンクとauが強く反対していているようですね。

で御存知の通りSIMロックがなくなりますと携帯端末はSIMカードを差し替えることでドコモとかソフトバンクとかauとかどの携帯電 話会社も同じ端末で利用出来るようになるのでありまして、そーゆー事になりますとユーザーとしては携帯電話を買い替えなくてもキャリアを変更できますし、 海外旅行に頻繁に行かれる人なんかも日本で使っている携帯端末があっちでも使えるようになったりするみたいですから、SIMロックの解除に歓迎されるユー ザーが多いのではないでしょうかね?

まぁ携帯キャリア(通信会社)として反対しているのはそりゃまぁ自分たちの利益を守らなくてはいけないので有りまして、端末がキャリア に関係なく自由に選べるようになりましたら差別化が難しくなって価格競争になってしまいそうだし、顧客の囲い込みは難しくなりそうだし心配だなって所なん でしょうかね?

けど私が理解出来ないことに今回のSIMロック解除に向けましてユーザー数でトップの座を走るNTTドコモが賛成に近い立場で発言して いて、たしかユーザー数では相対的に少ないソフトバンクが反対しているのでありまして、これってユーザー数が多いドコモの方がユーザーの流出を心配して SIMロック解除に反対して、ユーザー数の数が少ないソフトバンクがドコモからのユーザーの流入を皮算用して賛成するならわかるのですが、ドコモが賛成し てソフトバンクが反対するってのが私にはよく理解出来ないのですよね。

まぁ今まで販売した携帯端末のSIMロックの扱いがどーゆー風になるのかが次に気になる事なんですが、それはさておきましてどうも携帯 電話の契約と端末の購入が基本的にセットでしかもその契約内容とか料金の設定が複雑に感じるのでありまして、端末の割賦料金だのなんとか割だの2年以内の 解約だとどーだのこーだの言い始めるのでありまして、んな物は端末だけちゃんと独立して購入して、キャリアと回線の契約を行うようにすればもっと単純にな るのではないでしょうかね?

そもそもたかが持ち歩く電話ごときを2年くらいで買い換えるなんてのは無意味極まりなのですが今の料金体系でしたら、2年ごとに買い換 えるのが一番得な使い方になっているのでありまして、これを改善できるのがSIMロックの解除って事になるのではないでしょうかね?