地デジとフリーオ

地上デジタル放送の普及が予定通り進んでいないとか、メインキャラクターの草なぎ剛さんが公園でどーのこーのとか、まぁ業界にとってはそれほど大した事がない事件はあったようですが、一応は従来の地上波の停波に向けて確実に事は進行し、完璧なコピーガードのお陰で著作物は守られて、著作権者の権利が保護される予定だったのですが、ここに来ましてフリーオなる装置の登場でなにやら雲行きが怪しくなって来たようですので、今回のコラムではその事について書いて見ようと思います。

で私はフリーオの存在を最近になって知ったのですけど、昨年から既に販売したようなのでありまして、まぁ地デジの本放送が近づくにつれてクローズアップされてきた感が有りますけど、すごく簡単に説明してしまいますと、このフリーオにアンテナとパソコンを繋いで、デジタル方法を受信したらコピーできないはずの放送が簡単に録画保存ができて、その保存されたコンテンツはいくらでもコピーが出来てしまう状態になってしまうのですよね。

でね法律的な事は専門家じゃないので発言致しませんが、この地デジのカード(B-CASカード)を使った暗号化(スクランブル)技術は、そー簡単には破られませんから安心してねって事だったらしいのですけど、この手の話って今に始まった事じゃ無いんですよね。

記憶にまだ新しいところではテレホンカードなんて最近は余り見かけなくなりましたけど、これも最新の技術だから偽造されませんって触れ込みだったと思いますけど、あっさり偽造カードが出回ってしまいましたし、テレホンカードで磁気カードは簡単に書き換えができるから危ないよって分かっていた筈なのに、ハイウェイカードなんてのを登場させて、これも最新の技術だから簡単には偽造できませんよって事だったんですが、同様に素早く偽造カードが出回りまして結局は廃止なんですよね。

話を地デジに戻しますと膨大な設備投資を放送局を始めとした関係各所に強要して、一般個人にもまだまだ使えるテレビを強制的近い形で廃棄して買い替えさせて、でもって目的の一つであった著作権の保護が達成されないとなりますと一体どうするのでしょうかね?

どうも責任の所在とか前に胸を張って言い切った事が、そうでなかった時の謝罪がないとか通常の民間企業の出来事でしたら、会社の危機にまで発展してしまうような事が、公的な機関や団体になりますと、しょーがねーなーで終わってしまうのは今に始まった事じゃ無いですけど、結構不思議なんですよね。