定年性依存症

定年性依存症ってのはどっかのエライ先生が作った言葉なのだそうですが、何でも定年退職を迎えた(主に男性)人が心にぽっかり大きな穴が空いてしまって、なにやら怪しげな異性との交際に走るとか、馬船自転車などの賭け事にのめりこんでしまうとか、アルコールの海の中にどっぷり浸かり込んでしまって戻って来ないとか、まあ会社って生活の中心だった人が多かった訳ですから、定年退職によって帰属すべき組織も、仕事も無くなってしまえばその代替え品じゃないですけど何かに依存する気持ちも分からなくは無いですが、何だか悲しい話ですよね。

ただまぁこの手の話は定年性依存症なんて言葉が出来る前からこーゆーお父さんは結構多かったと思いますし、会社が全てなんて人は所属していた組織から離れて肩書きも何にもない一人の人間になった時の弱さや適合性の無さを指摘する文献なんかも、結構有ったと思いますから今に始まった事では無いと思いますけど、個人的には妙な暴走老人になったり、自分より弱い立場の人に対してひたすらクレームを付けるような、人格障害型のクレーマーになったりするよりは、まだ社会に迷惑をかけていないとも、言える気がしますけどね。

でまぁ定年退職したお父さんが何時までも元気で仕事をしていますと、今の日本の経済情勢では若い人の就業機会を奪ってしまう事にもなりかねませんが、かといって家に閉じこもってしまわれますと、体が弱ってしまって健康保険の国庫負担が上昇しますし、消費も必要最低限の消費になってしまいますから、経済が停滞しちゃいそうですし中々簡単に解決はできないのですよね。

まぁ本来は日本でもボタンティアで地域社会に貢献する文化が根付いて、定年退職したらちゃんと年金だけで生活基盤が安定して、ボランティアが幅広く活躍できるような社会が一番望ましいのかも知れませんが、なにせ年金はまともに出るかどうかさえかなり怪しいですし、ボランティアが社会に浸透する要素は日本の場合少ないようですからね?

追伸
SOHO とか個人事業などで自分で商売をしている人は、定年退職もない代わりに退職金も無ければ、ちゃんと後継者が育たないと、いつまでも現場で働かなくてはいけないってデメリットも大きい訳ですが、企業が高額の退職金の負担に耐えられなくなってきたり、年金も破綻したりって現状を考えますと、少しだけSOHOとか個人事業主が有利な状況になったような気もしますね。

みちろん、個人で商売をして生計を維持する事はもの凄く大変な事ですけどね。