キックバック

後から金品を戻す報奨的意味合いのお金

この言葉はリベートと同義語に扱われていたり、報奨金と混同される場合も少なくないと思いますけどキックバックの意味は販売した後に金額の一部を戻す行為そのものなのであります。

でね事後値引きとは違うなんて意見も有りますけどようは最初に設定した(握った)売り上げ(購入額)に達したら一定額を割り戻す行為でしか無いのでありまして、始めからルールを決めた事後値引きだと言って良いのでは無いでしょうか?

でねそれがちゃんと契約の基づいて行われて、販売した企業や法人格に割り戻すのであれば普通の商行為になりますし、これがこっそり販売担当(仕入れ担当)にキックバックを渡すとなりますとこれは違法行為のリベートって事になります。

さてキックバックそのものは一般的によく行われていると思いますし、これは特に代理店営業の場合におきまして販売代理店の鼻先に人参作戦のようなものだと思っているのですけど、中には目標額を達成してキックバックを得るために在庫を抱え込んでみたり、無用な安売りに走る代理店も出てきてしまうのでは無いでしょうか?

まぁ代理店に商品を購入して貰って代金さえちゃんと支払ってもらえれば在庫をとろうと安売りをしようと関係ないもんねってのがメーカーの考え方なのかもしれませんが、やっぱりキックバックも長い目で見れば弊害があると思いますし、なによりもそんな販売促進策に頼らなくても売れるように工夫しなくちゃいけいないと思うのですよね。

なにせキックバックの設定なんてのは商品の粗利益額から計算しまして、目標毎のキックバック金額を決定するだけなんですから、まぁはっきり言って新入社員にでも設定出来るごく簡単な販売促進の施策なのでありまして、まさかこの手のイージーなキックバックを販売促進を司る部門や経営者が考えて実行したりしないでしょうね?

えっ?キックバックをやろうって言い出すのはいつも営業部長ですか?あなたの会社は大丈夫ですか?

追伸

私も経験が有るのですけど営業の現場では仕入れ担当者や購入の決定権をもつ人が営業マンに対して露骨にキックバック(リベート)を要求してくる場合が有ります。

もちろんこれは完全に黒の違法行為ですから私は断りましたけど、中には売上確保のために要求を受け入れてしまう会社も有るのでしょうね?

まぁそんな事をやって一時的に売り上げが作れたとしても営業力も上がりませんし、営業マン自身がダメになっていくだけだと思うのですよね?

朗読版