ペンディング

宙ぶらりんの先延ばし状態

私が思っているペンディングの意味は大阪弁で言う”よぉ考えときまっさ!”とまぁ体の言い断り文句なんですけど、営業会議の席上でこのペンディングですって言葉がよく出る会社はないでしょうか?

一応ねペンディングの意味を調べると宙ぶらりんの状態だとか、保留様態なんて感じで書いて有りますけど、実際はその商談はとっくに冷めていて当分の間は売れっこない状態なんだけど、その商談は失敗してしまって売れないって言えなくて、ペンでイングですって表現になっている場合が少なくないと思います。

まぁ私はこのペンディングって言葉が嫌いで部下にはその言葉を使わないように指導して、せいぜい長期見込みになりましたとか、相手の熱が冷めてしまったので当分の間は売れそうも有りませんって表現をさせていたしました。

だってね宙ぶらりんとか保留って状態って事はお客は買うかどうかの検討を一切しないわけですから進展する事は無いって事ですし、それだったら売れませんて事に限りなく近い状態なんですよね?

ですから営業マンが該当する商談をペンディングだと報告を上げてきたら、もう売れないし少なくとも見込み客リストからは除外しませんと、予測を間違うことになってしまうと思いますよ。

しっかしどこかの会社では社内の公用語をえいごに統一なんて話が有りましたけど、日本語で表現した方が状況がわかりやすいものをわざわざペンディングとか意味の通じにくくて人によって受け取り方が違ってくる表現を誰が使い出したのでしょうかね?

そんなワケですから個人的な意見としてはペンディングの言葉の意味が分かったとしても、使わない方が良いと思うのです。

もしあなたの部下がその商談はペンディングですって報告が上がってきましたら、それは具体的にどういう状態なのか聞き出した方が良いですよね。

お客の方から暫く保留にしてくれと言われたのか、単に熱が冷めてしまって商談が出来ない状態なのか、はたまた買う気が無いってはっきり言われたのかね?

だってどの状態であってもペンディングですって表現しちゃう営業マンが沢山いますからね?

追伸
見込み管理にも関係してくると思いますが、やっぱり売れる可能性が限りなく低い案件に関してはすっぱりと諦めて新しい見込みを開拓する方に注力した方が結果として好結果を残す場合が多いのですよね?

その踏ん切りがつかないと売れない見込み客をペンディング状態って表現して、いつまでも引きずって新たな見込み客も増えてこない状態になってしまうのではないでしょうか?

朗読版