弁護士事務所の選び方

まったくの偶然なのであるが、千葉県と神奈川県のクライアントからほぼ同時期に知っている弁護士がいたら紹介して欲しいとの連絡があった。
私自身は今だ幸いにして弁護士事務所にお世話にならなければならない事態に遭遇した事は一回も無いのだが、弁護士を探しているクライアントは必死になって 探しているのだろうから、直接ではないが関係の有りそうな、会計事務所の先生や土地家屋調査士の先生にあたってみる事にした。

今回、紹介の内容につ いて、ここでは書けないのですが、その時に聞いた話をここに書いておこうと思うので、弁護士や弁護士事務所を探している方の多少なりとも参考になれば幸い である。

弁護士と一言、ひと括りになってしまうのであるが、弁護士によってそれぞれ、専門分野、得意分野があって、弁護士であれば何でもオールラウ ンドにこなす人は実際には少ないそうだ。

サラ金問題を専門にやっている方は比較的よく目にしますが、例えばサラ金問題専門の弁護士の先生にフランチャイズ契約上のトラブルを持ちこ んでも、上手く処理できなかったりする事も有るそうだ。

一応、弁護士さん同士の横のつながりを持っている弁護士同士で、自分の専門外の依頼が来た場合、その道に精通した弁護士を紹介したりしてい るようなので、まあ大丈夫な場合が多いとの事ではあるが、あまり普段から依頼が無い弁護士さんなんかだと、なんでも安請け合いしてしまい、依頼人が後で 困ってしまうことも、無いとは言えないそうだ。

訴訟、裁判に関しては判例や法律の解釈が時代とともに変わったりするし、訴訟、裁判の元になる法律じたいが膨大な量になるので、法律書や過 去の判例を見て、相談に対して的確な処理を行うのには、やはりオールラウンドになっておくには無理があるようですね。

ここまでが聞いた話です。

しかし、当たり前なんですが、お金が有る人は腕の良い弁護士を雇って裁判に臨むので、同じ事件でも腕の良い弁護士が弁護したほうが量刑が軽 くなるとか、場合によっては無罪になるとかの話を聞くと、裁判は白黒を真実に基づいて判定するのではなく、だんだん論破のゲームみたいになってしまうので しょうかね?

遠山の金さん、大岡越前の裁きなんてのは現実には望めないですから、日常から気を付けて裁判沙汰にならない様にするとか、蓄財に励んでイザ とゆうときに、お金を積んで腕の良い弁護士を引っ張ってこれるようになっておくべきなんでしょうか?

追伸

弁護士過疎地と呼ばれる地域が出てきていまして、弁護士としても営利目的で営業している訳ですから、仕事の少ない地方よりも、弁護 士の仕事が沢山ある都会で開業するのも分かる気がしますが、多重債務問題などの借金問題で弁護士を探そうとする、弁護士過疎地の人は弁護士でしかも借金問 題に強い弁護士を探そうとすると苦労するようですね。

朗読版