自炊代行(書籍の電子化代行)

私自身もニュースタイトルの『自炊代行業者に違法判決』をみて??いったい自炊を代行するとは何のことなのかとさっぱり分からなかったのですが、自炊代行とは紙に印刷された書籍やコミックを個人に代わってスキャナーで読み取りまして電子書籍(PDF)に変換する作業を代行する業者のことを指すネット用語で自分でデーターを吸い上げる作業を代わって業者が行うことを指すとの事で、まぁわかったような分からないような造語なのであります。

さて私はこのニュースをラジオで聞いたのですが解説者も一部事実誤認をしていたので先に書いておこうと思いますけど、彼ら自炊代行業者は依頼者から作業を依頼された場合には新たに書籍を購入するか依頼者から書籍を郵送してもらって、それを元にスキャニング作業から電子化までの作業を行って、スキャニングされた書籍は原則として依頼者に返却または郵送または廃棄されるわけで、別にそれによって書籍の売り上げが減るわけではなく、むしろ販売増につながる可能性が高いわけですがまぁ違法判決自体は妥当だとは思います。

つまり実務的には著作者に損害を与えない可能性が高いわけですけど、書籍から電子化されたコンテンツに変化した著作物は紙媒体の書籍と違ってごく簡単にコピーして配布することが可能ですし、自炊代行業者の実態を完全に把握できませんから中には一冊の書籍を使いまわしする可能性も否定できないので、やっぱり判決としては妥当であるでしょうし執筆者の中には数少なくない割合で自分の著作物が電子化されることに危惧を抱いている人もいますからね。

ただ今回の判決は業者が個人に成り代わって電子化代行を禁じていて、個人が自分で購入した書籍やコミックを自分でスキャニングして電子化する事は禁じてはいないので、手間をかければ自分で出来ますよってところですね。

ただ思うのはいくらなんでも現代の出版社は100%コンテンツの管理を電子化していまして、いまどき活字を写植で組んで印刷しているところはありませんから、いずれ紙媒体の出版と電子書籍の関係が変わってくるんじゃないでしょうかね。

簡単に未来予測いたしますと今後、紙媒体のみ・紙と電子書籍・電子書籍だけ、3つの出版があって今は電子書籍つか音楽なんて特に添うらしいですけど、著作者への著作権料が紙媒体だった頃のそれに比べて極端に少なくて電子化の問題は確かに著作権保護の問題も大きいですけど、著作者の収入面も大きくてそのあたりが改善されて、コンテンツが値上げになっても著作者への実入りが大きくなれば、著作者も積極的に推進するようになるのではないでしょうかね。

ただ実際のところ明るい未来よりもむしろ動画関連のシェアが高くなって特に活字って部分で生計を立てていくのは難しい時代に突入していくのではないでしょうかね。