ストライキと労働組合とユニオンショップと労働貴族

ボーナスの時期ですとか季節の風物詩にもなっていたようなストライキを最近全然見ませんよね。

と言うか最近の若い人の中にはストライキの意味を知らない人も居るんじゃないかと思いますので少々書いておきますと、ストライキとは労働者が団結して例えば昇給だとかボーナスの支給額だとかを経営陣と交渉いたしまして、要求を通す手段と致しまして労働放棄して要求を飲んでくれたら働きますよって交渉手段の一つなんですね。

※ストライキによって仕事をしなかった分の給料は引かれますけど、それは積み立てた労働組合費より補填されていましたからストライキによって手取り額が減ることは有りませんでした。

経営陣と致しましたら金銭的な要求を通すために労働を放棄されたりなんてしたら、その分だけ売上は減りますし会社のイメージダウンになりますし、更に労働者への分配が増えるって事は経営陣の手元に残る利益が減ってしまいますからストライキを何とかさせないように考えて実行した結果が現代のようにすっかりストライキを見かけなくなったのだと思います。
さて経営陣が労働者にストライキをさせないようにした方法を考えてみたいと思いますが、ストライキを行う労働組合の結成を徹底して妨害したり解散させたり、労働組合の設立を認めないって方針を徹底させた企業も数多くありますが、この場合は結果として良かったのかもしれませんが労働者に不満が残ったようですね。

逆の方向でストライキの防止に成功したのは労働者全員を強制的に労働組合に加入させてしまうって方法でした。

これ確かユニオンシップ制の労働組合と呼んだと思いますが、ストライキ行動花盛りの頃の労働組合は労働者の自由参加で加入したい人だけが加入していました。

それがユニオンシップ制の場合ですと会社に入社したら管理職に昇格するまで強制的に給料から組合費が天引きされて知らない間に全員が組合員になってしまっている状態です。

※めでたく管理職に昇格した場合、今度は自動的に労働組合から退会させられます。

そうしますとね組合活動に興味のない人が過半数を占めるようになりますし、自分の上司も元組合員でいつかは自分も管理職になって経営側に入ることになるんですからストライキなんて会社にマイナスになるような行動はおいそれと取れませんからね?

逆に昔は組合幹部ってのはずーっと組合に居座って労働貴族なんて言われ方をされていたように、一生組合活動で食っていくような状態でしたので、ついつい行動が過激になったんですよね。