根回しと社内営業

後から社内での異論や反発が出ないように事前に調整をとっておくこと

細かい事をいちいち相談にいくと煩そうにそんな事は自分で考えろなんて仏頂面で言う癖に、自分の知らないところで何かが進行していると、俺は聞いて無いなんて怒り出す部長さんなんて身の回りにいませんか?

でね日本では社内営業って言葉と根回しって慣習がありますけど今回のコラムではその事について書いてみようと思います。

さて根回しとは社内的な決済を取るとか稟議を通す際にいきなり書類でもって社内に回してもどうも決済が通りそうも無いとか、うるさ型の暇な管理職につつき回されて面倒なことになりそうだって事で事前に話を通しておいて書類が回ったときにはスムーズに事が運ぶようにしておく営業マンにとって大切な作業?ですよね?

でね社内の決済や稟議を通す際に他の部署の責任者との交渉や承諾が必要な場合って、部署の所属長の根回しがうまいか下手か好きか嫌いかによって部下の営業マンの動きやすさって随分と違ってくるのですよね?

何と言いますか社内の面倒なことは一切合切所属長が引き受けてくれて、末端の営業マンは外に出て営業活動に専念出来るようになっているのか、その手の根回しが下手だったり嫌いだったり致しまして、何と言いますか内部の敵みたいな戦いに労力を費やさないとまともに業務が遂行出来なかったりするのは困りものですよね?

次に社内営業の意味について考えてみたいと思いますが、社内営業とは社内を回りまして自分を売り込むってのが基本なので一歩間違えるとごますりになっちゃいますし、良くて社内のコミニュケーションを取るって感じでしょうかね?

私の過去の経験から書きますけど、営業成績がそこそこでしたら実際のところ社内営業が上手な奴が出世するのは当然とは言いませんが、現実がそうなっていると思います。

まぁなにせ人を評価するのも昇給や昇格するのを決めるのも、一応は社内規定みたいなものが存在は致しますけど、やっぱり感情を持った人間が行いますからね?

この辺りは人が集まって組織になった以上は派閥が出来たり、感情的な人の好き嫌いが昇給や昇格の結果を左右してしまうのは致し方ない事なのであります。

ですので社内営業ってのは表向きは良く思われなかったりする場合が多いと思いますけど、組織の中で自分の居場所を確保して安定させるにはやっぱり少しは社内営業も必要なのでは無いでしょうかね?

社内営業に関しては本職の営業マンよりもいつも社内にいて仕事をしている内勤職の人のほうが上手な気が致します。

朗読版