個人名でかけてくる金融会社からの電話について

俗にサラ金と言われる消費者金融の人が利用者に電話をかけてくる場合、まず会社名を名乗らないで個人名でかけてくるじゃないですか?

私も過去に提携ローンですとか事業の運転資金の資金繰りにシンキだとかキャッシュワンを利用したことがありますけど、別に滞納とか支払いの遅延がなくてもご利用額の増額が可能ですとか色々な理由で電話をもらうことが有るんですけど、何故かかけてくる電話は個人名でかけてくるんですよね。

これが銀行ですとか信用金庫などではそんな個人名で電話してくるような事はしないのですが、何となくサラ金とか消費者金融が自ら自分たちが社会的に裏街道なのを自覚しているようで面白いんですが、逆にそんな感じだから何時までたっても社会的なステータスが低く感じられるのでは無いでしょうか?

だって誰にでも堂々と会社名を名乗れないってのもなんだか変ですからね。

まぁ勿論ね消費者金融からお金を借りていることを誰にも知られたくない人も多数いるでしょうけど、考えてみるとそんな人知れずこっそり借金をしているなんて状況はかえって多重債務者を生み出す温床になっているような気もします。

お金を借りる理由や原因は色々ありまして止むに止まれぬ事情から単に遊興費に使う資金を工面するなんて上から下まで有るわけですけど、借りる方も後ろめたい理由なほど人知れずこっそりってパターンが多いのではないかと思うんですよね。

でもって人知れずこっそり消費者金融からこっそり借金している人ほど返済に行き詰まってしまって奈落の底に落ちていくなんてパターンが多いような気がするのであります。

銀行からお金を借りると融資を受ける呼んで消費者金融からお金を借りた場合は融資とは呼ばないで借金するといった言い分ける事をごく普通にみんながやっているわけですけど、ハッキリ言ってしまえば銀行がやっている事も消費者金融がやっていることもお金を稼ぐ部分においては違いはなく、お金を貸し出すにあたって銀行は取りはぐれが無いようにする手段が入念なのに対して、消費者金融はその辺りが銀行に比べて甘いって位の差しかないんですね。

しかし社会的なステータスを見てみますとまさに天と地ほどの差があるのでありまして、これが融資先に電話をする際にちゃんと銀行名を名乗るのか会社名を一切言わないで個人名で電話をしてくるのかの違いになっているわけですよね。

ホントは銀行だってやっていることは基本的に消費者金融と変わりないんですけどね。