営業ツールと営業力低下の相関関係

人の能力ってのは直感でも筋力でも頭脳でも使わないと退化してしまうってのは誰も否定しないと思いますが、じゃ実際の営業現場におきまして、様々な営業ツールの導入ってのはどうなんでしょうか?

例えばお客に提出する企画書ですとか提案書の類について考えてみますと、確かにね出来上がったものは綺麗でカラフルで見やすくて相手にも伝わりやすい素晴らしい物で、私が営業マンとして仕事を始めた30年前から比べますと雲泥の差なのは確かです。

けどよく実情を見てみますと企画書ですとか提案書を作ると言っても、出来合いまたは誰かが過去に作ったひな形を土台にして、文章はコピペして写真を持ってきて、ついでにグラフなんかをそれなりにパワーポイントに貼り付ければ、結構誰が作ってもそれなりに見栄えが良い物ができちゃうんですけど、じゃあパワーポイントもパソコンも使えない状態で営業活動が出来る営業マンの数は相当減ってますよね。

そんなパソコンなんて存在しない頃なんてのは手書きの見積に他はあってもカタログレベルの代物しか無いんですから、それじゃぁって事で営業マンは喋りで実物をイメージさせることが上手だったり、とにかく昔の営業マンもちゃんと売上は上げていたんですから、ちゃんと提案も商談もできていましたし、パソコンもパワーポイントも必要としないんですから、そんなものは無くても全然困らなかったわけですよ。

それと情報収集能力についてはどうでしょうかね?

まぁ今では大概のおおまかな情報についてインターネットを使って検索すれば立ちどころに情報が閲覧できるのでありますけど、そんな物がなかったころもやっぱり営業活動をするには必要な情報を集めていたわけで、そのために人脈を広げたり他人とのコミュニケーション能力を高めまして情報収集に心がけていたものですが、ネットの普及とともにその手の能力が落ちたりしないのでしょうかね?

でですね、営業ツールの導入普及と営業力低下の関係で言えば最大のものはスケジュールにしても活動計画にしても、Excel上司の元で営業マンが使いこなす道具と言うよりも、営業ツールに使われてしまう懸念ってのが一番大きいんですね。

いまはまだそれほどじゃないと思いますが、電子的なスケジュール帳がないと明日以降の予定もろくに立てられないとか、その手の営業ツールが気がついたら営業活動のインフラ状態になってしまっていて、インフラが整備されていないと何も活動が出来ませんなんて営業マンが多くなってしまいましたら、それはやっぱり営業ツールに頼りすぎた結果で営業力が低下してしまったと言えるのでは無いでしょうかね?