あいみつ+ダシ

お客が値段を下げるための手段の一つ

まずあいみつとは感じで書くと相見積になりまして複数の会社から見積を取って比較検討するって事で人によっては見積合わせなんて表現をする人もいます。

で営業マンとして頭に来ると言うか気を付けなくちゃいけないのが単なる数合わせで、こっちから購入する気なんて全然無いのに見積書の提出だけ頼んでくるお客がいます。

実際見積作るのだって時間はかかるし、FAXならまだしも持参するとなるとそれなりに経費もかかりますから断ってしまいたい処を後々のお付き合いも考えて仕方がないから見積を提出するって場合も少なくないのでは無いでしょうか?

それとね、最終的に購入してもらえる会社側の営業マンだった時に実際にあった話ですけど、お客は先ず買う気も無い処から見積を取るわけですよ。

これがまぁ下味と言いますかダシなんですけど、これを入手してから本命の会社の営業マンを呼びつけまして先に他社から取っておいた見積を見せてコレ以下の条件で買うからそっちでも条件を提示しろって迫るわけです。

もちろん営業マンの仕事は出来るだけ高く販売に成功するために頑張っているわけですし、購入する立場としては逆に1円でも安く買いたいし、そのためにあいみつを取るのも、どっかの会社から見積を取ってダシに使うのも当然の権利なわけですよね。

ただ営業マンも見積もり出すのが仕事じゃないですし、ダシに使われるだけの見積書のために貴重な資源を無駄にするのは地球環境にも良くないですから、絶対に売れないって確信が持てるダシに使われるあいみつは断りましょう。

それが無理だったらこんな感じで見積もるのはどうでしょうか?

お客に提出する見積は原価割れぎりぎりの赤字覚悟の見積もり

但し他の条件を思い切り厳しく致しまして実際には購入出来ないような感じにしちゃいます。
(※あくまで数合わせのあいみつでダシに使われるとはっきりしていて、今後はお付き合いを一切したくない場合だけですよ)

支払い条件 現金前払い
見積もり有効期限 見積書の提出日の翌日あたりに設定しちゃいます。
サポート契約無し 又は高額なサポート料金を設定

まぁあんまり無茶苦茶な見積を出してクレームにしたら始まりませんけど、本命のライバル企業の営業マンを困らせるくらいの見積は出しても良いと思うのですよ。

そんなわけで、あいみつは先ずは勝つ方法を考えるのが先決ですけど、どう頑張っても本命が決まっているんでしたら、一矢報いる位の気持ちは必要では無いでしょうか?

朗読版