おせっかいな上司とセクハラ対策

非常に面倒見の良い上司も度が過ぎると単なるお節介でウザい上司になってしまうわけですが、特に若い女子社員に対する男性上司において問題になる場合が一番多いわけですが、今回のコラムではそんな話題について書いてみたいと思いますが、特に部下に邪な気持ちを持っている、よからぬ上司は意外とおいみたいですから傾向と対策が表現できたらと思います。

私生活にまで干渉してくる上司

別に彼氏が居ようと居まいと仕事には一切関係ないわけですから、そんな事を聞くことは限度を超えているという事は普通に気が付くことなのでありますが、勘違いしちゃったお節介上司は、部下の私生活をやたらと知りたがる傾向があるのです。

対応としては基本的に実際はどうであっても3年付き合っている彼氏がいますと答えておくほうが無難かと思いますが、まぁ場合によっては彼氏いませんと答えておいたほうが、色々と得をする場合が多いと判断した場合はこの限りではありません。

私的なメールやラインが多い

私には理解できないのですけど出かけた先の写真を送りつけてくるとか、ちょっと風邪でお休みしただけで、お見舞いと称するメールを送って来るとか、何の意味があるのか分かりませんが業務報告をしてくるウザい上司っているんですよね。

対応としては私的なメールは送らないようにしてくださいと言えれば良いのですけど、無理な場合は、彼氏と一緒なので後ほど改めてメールしますとでも定型文を送っておくくらいでしょうか?

やたらと仕事に干渉してくるお節介上司

先にあげた救いようのないダメダメ上司まではいかないまでも、中々仕事を任せないで細かいことまで干渉したがる上司ですとか、同行で出かけるのが大好きな上司の存在のせいで、部下が育たないという事も実際に少なくないようです。

放任タイプの部下に無関心上司もまた問題ではありますが、任せる事が出来ない上司というのは部下を育てられない人でもありますから、お節介な上司にウザいって思って自分で色々始めるように努力するのは良いことですが、それが故に上司の指示無には自分では何もできないとか、上司の顔色を窺うような社員にはならないようにしましょうね?

新米上司さんへ

貴方の上司としての行動は部下の人生まで時には左右してしまうって事を理解して業務に臨みましょうね?

部下の成長がすなわち上司である貴方の成長にも繋がるわけですから、お節介な上司になりすぎず、かといって放任でもない中庸な上司が先ずは無難だと思いますよ。

間違っても綺麗な女性の若い部下に変な気は起こさないようにしましょうね?

朗読版