我が家の事業仕分けで年間約20万円節約成功

支持率の低下が著しい民主党は事業仕分けで支持率上昇につなげたいようですが、個人の家庭でも赤字じゃなくても事業仕分けのような事を行って見てもコストがかかるわけでも有りませんから結構面白いのではないかと思いませんか?

さて我家の場合は事業仕分けなんて言葉が出てくる前にとある機会が有って事業仕分けを行ったのですが、まだ私の記憶に残っている間に何が無駄だと判断されて、予算を削減されたのかを書いてみようと思います。

まず一番最初に槍玉に上がったのは新聞でありまして、ニュースはインターネットのほうが早いし詳しいしそもそも新聞を読むと言っても配達されるので勿体無いので、一応一通り眼を通すような状態になっていたのでありまして、試しに一日新聞を読まない事にしても一切生活に支障がないことに気がつきまして、こちらは不要と判断致しまして年間約4万円の出費が削減できました。

※ 他にも老眼が少々出て参りまして新聞の文字を目で追うのが辛くなりかけていた事も仕分けされた原因の一つでも有ります。

次に出てきたのは実はテレビなので有りましてどうせテレビも殆ど見ないし、見ていないのに付けっぱなしなんて事も過去に何度も有りましたからテレビは処分してNHKも電話を素早く致しまして無事受信契約の解約で年間約1万五千円の出費が削減なのです。

おお、なんと新聞の購入を打ち切ってテレビを処分して NHKの受信契約を解約するだけで年間5万円以上の出費を抑えることが簡単に出来てしまうのはびっくりしましたね。

他には小型普通乗用車を所有していたのですが税金も高いし、もし大きな車が必要なときはレンタカーを借りることに致しまして小型普通車を手放して軽自動車に乗り換えたのでありますが、こちらも保険料ですとか税金が安くなりまして更にダメ押しとばかり自転車を購入致しまして、自転車で移動出来る場所には極力自転車で移動するように致しました。

そうしますと税金・保険料・ガソリン代の節約で年間にこちらも5万円以上の節約になりました。

他にも照明器具をLED照明に取り替えましたり、私が禁煙に挑戦してタバコ代が不要になったり電話もひかり電話の導入をしたりと、細かい部分の出費も見直しを致しまして概算で年間で約20万円の出費を削減することに成功したので有りますね。

しかも何ら不便や不自由は感じないので有りまして、これだったらもっと早くに我が家の事業仕分けを行っていれば良かったと反省したのであります。