自分を信じる事

本コラムは基本的にはこれからSOHOとして独立を考えている人向けに書いているのですが、SOHOとして独立するに当たって一番大切な事を一つだけ上げるとすれば”自分を信じる事”になるのでは無いかと思います。

会社に勤めていれば,組織があってその従順な一員である限り少々失敗しても叱責されるくらいで済む場合が多いのですが、これがSOHOとして営業していく状態になりますと、小さな失敗でも命取りになる場合が有りますし、助けてくれる組織もありませんし、クレームにも全て自分で立ち向かって解決する必要が有るのですが、様々なシーンにおいて、自分を力や能力を信じて立ち向かう事が出来なければ、早々にしっぽを巻いて逃げ出す事になってしまうでしょうね?

SOHOとして独立する人の中には、組織として使えない烙印を押されてしまったり、年齢的に再就職が難しい為に仕方が無くSOHOとして独立される方が中にはいらっしゃると思いますが、そんな方でも過去を忘れて新しい自分に生まれ変わって気持ちで心の底から自分に自信が持てれば成功する可能性は高くなると思いますし、逆に些細な事で自信を失ってしまうような方や、最初から自分に自信がない方はSOHOとして独立開業などと大それた事は考えないで、せっせと職安に通うなり、求人誌に目を通して再就職先を探した方が良いでしょうね。

これを読んでいる人の中にはSOHOは自宅で好きな時間で仕事が出来て気楽な商売だなんて甘く考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、とんでもない話でありまして、SOHOと言えども、独立した経営が必要で必要な利益を確保出来なければ、直ぐに行き詰まってしまいますし、大企業はおろか中小・零細企業と比べても仕事を確保する事は非常に難しく、そんな状態でも現実に立ち向かっていく強い力の原動力が自分を信じて行動するって事になるのではないでしょうか?

日本には成せばなるって言葉がありまして、SOHOとして独立して、営業活動に出かけて仕事を取る、代金を回収する交渉に出かける、クレームに対応する、困難な出来事に立ち向かって踏み越えて行く原動力、もうお分かりですね?

私は仕事柄、SOHOの方とお会いする機会も多いのですが、自分に自信を持っているなって感じられる人は、ちゃんとSOHOとして生計を立てていったりいつの間にか法人化して規模の拡張に成功したりしていますが、その逆に感じる人は消えて言ってしまう人が多いようですね。